家族をつなぐコミュニケーションロボット

BOCCO

ユカイ工学株式会社
販売価格(BOCCO+振動センサ)

29,000円
(税別) ※振動センサ以外は別売りとなっております。
商品概要
ご利用者様に合わせて、『振動センサ』『鍵センサ』『部屋センサ』『人感センサ』と連動させることで、離れた場所にいても見守りながらセンサの反応に合わせ、気軽にコミュニケーションを取ることができます。『BOCCOチャンネル』を活用すると、指定した時間に喋ってもらうことができます。「薬の時間」や、「寝る時間」などの指定だけでなく、記念日などを指定すると、その日のイベントを喋ってくれるので、メリハリをつけ楽しく過ごせるようになります。

商品仕様

BOCCO

サイズ 幅90 x 奥行55 x 高さ195 mm
重量 220g
電源 100-240V ACアダプター
消費電力 6.8W
Wi-Fi規格 IEEE 802.11 b/g
Bluetooth規格 Bluetooth Low Energy

センサ

サイズ 幅34 x 奥行30 x 高さ68 mm
重量 30g(電池含まず)
電源 単4電池2本
センサ 加速度センサ
電源寿命 1年程度(環境によって異なります。)
Bluetooth規格 Bluetooth Low Energy(※センサとBOCCOは10m以内でご使用ください。センサとBOCCOはBluetoothで通信しているため、通信可能な距離は環境により変化します。なるべく見通しの良い場所でお使いください。)

各センサ内容

振動センサ 赤い『振動センサ』は、ドアに設置するそのドアの動きに反応して、スマートフォンに伝えます。例えば、ドアにつけて何時に出入りをしているかを確認できます。
人感センサ 人の動きを感知し、見守りを目的としたセンサです。部屋の中のいろいろな場所へ簡単に移動・設置でき、音声等のメッセージのやりとりができるBOCCOと連動することで、人感センサの反応に合わせ、職員と気軽にコミュニケーションを取ることができます。また、新機能の「センサでおしゃべり」と連携することにより、センサの反応をきっかけに、あらかじめ設定しておいたメッセージをBOCCOがしゃべってお知らせします。
例えば、ご利用者様が窓際などに近づいた際に人感センサがそれを感知し、「近づいたら危ないよ」など、BOCCOがしゃべってお知らせすることができます。
部屋センサ ○ ご利用者様の熱中症が心配!
○ 電気を消したか心配!
これらの“心配”を解決するのが『部屋センサ』です。室内に設置した部屋センサが、部屋温度と湿度をもとに熱中症の警戒度をモニタし、警戒度が高くなるとBOCCOを通じてスマホに通知します。これにより、ご利用者様の熱中症予防に役立てられます。
鍵センサ 青い『鍵センサ』は、サムターン鍵の開閉を検知し、その開閉情報をスマートフォンに届け、離れた箇所からでも確認することができます。

価格表

BOCCO+振動センサ 振動センサ単品 鍵センサ単品 部屋センサ単品 人感センサ単品
29,000(税別) 3,980(税別) 3,980(税別) 3,980(税別) 3,980(税別)

よくある質問

Qテザリング・モバイルルータでBOCCOを使用できますか?
A

全ての機種での動作を保証するものではございませんが使用可能です。

Q複数のBOCCOを使用して、BOCCOごとに別々のメッセージを送ることはできますか?
A

スマートフォンアプリの中で、BOCCOごとに別の部屋という形で別々のメッセージを送ることができます。

Q遠方にいる人とBOCCOの部屋を共有できますか?
A

可能です。遠方にお住まいの人や、初期設定が出来ないスマートフォン端末をお持ちの方とBOCCOの部屋を共用したい場合は、「招待機能」を使った接続をお試しください。
【手順】
(1) iPhoneなど、接続ができるスマートフォンでBOCCOに接続し、初期設定を行なってください。
(2) 初期設定の完了後、BOCCOの部屋のタイムライン上部にございます「・・・」をタップいただき、更に「メンバー招待」を選択してください。
(3)案内に沿って、接続が出来なかったスマーフォンに招待状を送ってください。
招待状は、「email」または「SMS」にてお送りいただけます。
(4)届いた招待状の指示に従って、BOCCOの部屋へご参加ください。

Q音量を変えることはできますか?
A

赤い鼻のつまみを時計周りに回すと音量が大きくなります。

Q一体のBOCCOにセンサは何個まで接続できますか?
A

1体のBOCCOに最大8個までセンサを接続することができます。