予測型見守りシステム

Neos+Care(ネオスケア)

ノーリツプレシジョン株式会社
オープン価格
製品概要
経済産業省ロボット介護機器開発導入促進事業<見守り支援機器(介護施設型)>の「優秀機器」第1号製品に認定。 センサーがベッドと人の相対的な位置関係を把握することで、「起き上がり」「端座位/柵越え」「ずり落ち」などを判断して通知します。履歴データを活用することで、生活活動レベルのチェックやケアプラン作成にも役立ちます。
比較画像
  • 精確な画像分析で誤報を最小限に!ベッド上にバーチャルな3次元の電子マットを配置することで、ベッドと人の相対的な位置関係を正確に判断し、人の姿勢を把握。起き上がり、端座位、柵越え、ずり落ちなどを検知して通知します。
  • 通知をうけたら、リアルタイムで端末で画像確認ができます。画像や映像は、人物の特定が行えないシルエット画像を採用。対象者のプライバシーに配慮しているのも特長です。
  • 検知回数や映像履歴の蓄積から、ADL(日常生活動作)のチェック、事故原因の特定ができます。夜間の検知回数を元に就寝時の睡眠状態を把握したり、生活動作情報から最適なケアプランを作成したりすることが可能です。

活用シーン

  • 事故が起こる「前」の動作を通知

    転倒・転落リスクが最も高い「離床」ではなく、離床前の「起き上がり」や「柵越え」の段階で通知。通知が来たらその場で居室内の様子を確認できるので、駆けつけの判断や心構えができます。

  • 通知がないときでも映像を確認して見守りできる

    通知がきたときはもちろん、気になったときにいつでも居室の様子を見守れます。行動の予測が困難な利用者様に対しても、リアルタイムで映像確認できるので安心です。

  • 生体モニター(オプション)で生体異常も通知

    オプションで、生体状態をリアルタイムに把握し通知する「生体モニター」も。看取り業務における容体の急変時にも速やかに対応することができるなど、利用者様に合わせた幅広い見守りが可能です。

デモ動画

  • Neos+Care(ネオスケア)

事例・インタビュー

スマホからの映像確認でスタッフの負担減|Neos+Care
スマホからの映像確認でスタッフの負担減|Neos+Care
最初の導入施設として、試行錯誤しながら運用方法を模索。限られた台数を効果的に配置し、スタッフの負担を軽減しました。(株式会社たまゆら 介護付き有料老人ホームたまゆら)

製品仕様

センサーユニット

外形寸法/質量 全幅(W) :190mm
全高(H) :190mm
全奥行き(L) :110mm
質量 :1.17kg※ ※コードは含みません
電源 15.4W以下(PoEにて給電)
適応規格 PL規格/RoHS
検知方式 赤外線距離センサーを使った非接触方式

モバイル端末

対応OS Android 5.0 ~ 8.0 / iOS 10.1.1 ~ 12
推奨スマートフォン ASUS Zenfone 4 Max (Android 7.1)
ASUS Zenfone Max (M1) (Android 8.0)
iPod touch(第6世代) (iOS 10.1.1 ~ 12)
推奨タブレット ASUS ZenPad for Business 7.0 ‏(M700C) (Android 5.0‏‏)
iPad mini 4 (iOS 10.1.1~12)

サーバー

対応OS Red Hat Enterprise Linux 7.2 ~ 7.4
推奨CPU 64bit, 3.4GHz(4コア/8スレッド) 以上
推奨メモリ 8GB 以上
推奨ストレージ空き容量 1TB 以上x2(物理ディスク)
※それぞれのディスクにドライブを割り当てた構成とすること
(例) 物理ディスク1がCドライブ、物理ディスク2がDドライブ
推奨ネットワークインターフェース 1000BASE-T x 2(センサーユニットネットワーク/端末ネットワーク)
推奨モニター解像度 1280x1024以上
その他 DVDドライブ(CDが読めること)
接続機器 センサーユニット: 最大150台
モバイル端末: 最大50台

外部適用環境

使用時照度環境 0ルクスの照度環境で使用可能
センサー設置可能高 床から2000mm~2300mm(ベッドの高さにより変動)
使用対象までの距離 ベッド横 側端から:1200mm~2100mm/ベッド頭側 側端から:1100mm~1600mm
ベッド足下 側端から:800mm~1600mm
使用時温湿度環境 室内(周囲)温度 : 5~40℃
室内(周囲)湿度 : 10~80%(結露なきこと)

ネットワーク環境 モバイル端末WiFi接続可能であること

よくある質問

Qどのような動作を検知できますか?
A

以下の動作が検知できます。
・ベッドから対象者が動き出す動作
  「起き上がり」、「端座位」、「離床」、「柵越え」、「ずり落ち」
・センサーの画面範囲内への人の出入りの動作
  「入室」、「退室」
・生体モニター(オプション)装着時
  「生体異常」

Q本システムの導入メリットを教えてください。
A

実証試験において、本システム導入による以下の効果が実証されています。
 ①入居者の転倒・転落事故が、50%低減
 ②介護職員の作業負荷が、30%低減

また、夜間の見守りの集中管理による負担軽減により、介護職員の離職予防の効果も期待できます。

Q夜間の見守りも可能ですか?
A

赤外線を用いた距離センサーを採用しているため、昼夜問わず見守りに活用いただけます。

Qセンサーを使用する居室の変更はできますか?
A

事前にセンサーの動作に必要なネットワーク環境の整備をしておくことで、必要な居室へのセンサー移動することが可能です。

Q生体モニターの機能と内容を教えてください。
A

生体モニターは、24Ghz帯マイクロ波を用いて人体のわずかな動きを測定し、対象者の状態を3段階(体動:身体を動かす動作、静止:椅子やベッドで安静にしている動作、停止:生体反応がない状態)で判定します。
介護職員は利用者の状態をリアルタイムに把握することができ、容体急変時には「生体異常」の検知により迅速な対応が可能になります。

<生体モニターの機能と内容>
生体異常の検知:容体の急変時等の生体異常の検知
生体状態の把握:生体状態のリアルタイム把握

お問い合わせフォーム
STEP
1
必須情報の
入力
STEP
2
入力内容の
確認
STEP
3
完了
お問い合わせ内容必須
{{error}}
お問い合わせ内容詳細任意
{{error}}
法人/個人必須
{{error}}
法人名/施設名必須
{{error}}
氏名必須
{{error}}
氏名(ふりがな)必須
{{error}}
役職必須
{{error}}
住所必須
{{error}}
電話番号必須
{{error}}
メールアドレス必須
{{error}}
メールアドレス(確認用)必須
{{error}}
{{error}}

ノーリツプレシジョン株式会社の個人情報保護方針はこちら

お問い合わせ内容
{{subject.name}}
お問い合わせ内容詳細
法人名/施設名
{{fields.corporation}}
氏名
{{fields.name}}
氏名(ふりがな)
{{fields.kana}}
役職
{{fields.role}}
住所
{{fields.address}}
電話番号
{{fields.tel}}
メールアドレス
{{fields.email}}