介護ロボットが1割負担でレンタルできる!岡山市の「介護機器貸与モデル事業」

介護ロボットが1割負担でレンタルできる!岡山市の「介護機器貸与モデル事業」

介護保険適用外の介護ロボットが、自己負担1割でレンタルできる介護機器貸与モデル事業をご存知ですか?

介護ロボットという言葉は聞いたことがあるけど、使ったことはない――そういう人は多いのではないでしょうか。その理由に、介護ロボットの価格の高さがあります。

今回は、数万~数十万円する介護ロボットが、最安で月150円から借りられる、岡山市の「介護機器貸与モデル事業」について調べました。

岡山市の介護機器貸与モデル事業とは?

介護機器貸与モデル事業とは、介護保険適用外の介護機器を、利用者負担1割で借りられる岡山市の事業です。

貸与対象の介護機器は市が指定したものに限りますが、介護ロボットを含む最先端の機器ばかりです。

事業の目的

事業の目的は2つあります。

1つ目は、在宅生活での自立支援や、介護家族の負担軽減を図ることです。

2つ目は、介護保険給付の対象外であるためになかなか普及が進まない最先端介護機器の普及推進と、それに伴うマーケット拡大です。マーケットが拡大することで、より革新的な介護機器の開発が期待できます。

レンタルの条件

レンタルには、3つの条件をクリアしている必要があります。

  • 岡山市の介護保険被保険者であること。
  • 岡山市内において在宅生活していること。
  • 利用希望する機器の要介護状態区分の要件を満たすこと。

 岡山市の事業であるため、岡山市外に住んでいる人はレンタルできないので注意しましょう。 岡山市によれば、これまでに500名以上のレンタル実績があるのことです(2017年10月5日時点)。

なぜ岡山市?事業の背景

岡山県の高齢化率グラフ

岡山県は全国的に見ても高齢化率や要介護(支援)度が高く、国内の課題先進地域のひとつです。

岡山市は岡山型持続可能な社会経済モデル構築総合特区(AAAシティおかやま)などの総合特区に指定されており、先駆的な取り組みを行っています。今回の「介護機器貸与モデル事業」もその一環なのです。

レンタルできる製品一覧

気になるのは、どんな介護機器が、いくらでレンタルできるの?という点ですよね。

レンタルできる介護機器とその料金、対象者を一覧にまとめました。

※参考:http://www.city.okayama.jp/contents/000278982.pdf

コミュニケーションロボット

アザラシ型ロボット パロ

パロ画像引用元

効果 「パロ」とのふれあいによる、認知症の方の暴言、暴力、徘徊などの緩和効果。
対象者 要介護度1から5の方
レンタル料 2,000円/月 (税別)

会話型ロボット うなずきかぼちゃん

うなずきかぼちゃん

効果 「かぼちゃん」との会話による、認知機能の改善、意欲上昇の効果。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 150円/月(税別)

見守り支援

おだやかタイム

概要 エアマットを敷布団の下に敷くことで本人の睡眠、離床などの様子が離れた場所でも携帯電話やタブレットなどで確認できる。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 648円/月(税別)

日常生活支援

パワーアシストグローブ

概要 字を書く、ペットボトルを持つなどの握る動作、あるいは指を開く運動を空気の力で支援。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 1,700円/月(税別)

ハートフルスロープ

概要 ベッドからの立ち上がりや、動く・歩くがより快適で安全であるように配慮した「洗える畳」。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 850円/月(税別)

排泄支援

ラップポン

概要 排泄物を自動で個包装にするので、バケツ洗浄の手間やニオイなど、排泄介護の負担を軽減。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 800円/月(税別)

服薬支援

服薬支援ロボ

概要 音声と画面で服薬の時間を知らせ誤飲を予防。認知症対策や自立支援の工夫も付加。薬局による薬のセットも可能。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 1,500円/月(税別)

お薬飲んでね!

概要 光と音の促し効果でお薬の飲み忘れ、飲み過ぎを予防。大容量薬剤ケース、録音機能付き。
対象者 要支援1、2または要介護度1から5の方
レンタル料 800円/月(税別)

移動支援

ロボットアシストウォーカー RT.1

概要 坂道でのアシストやブレーキが自動でかかり、安心・快適な外出歩行を支援。
対象者 要支援1、2または要介護度1から3の方
レンタル料 1,300円/月(税別)

ACSIVE(アクシブ)

ACSIVE

概要 電気やモーターなどを使わず、バネと振り子の動きが作用し、脚の振り出しをアシスト。
対象者 要支援1、2または要介護度1から3の方
レンタル料 1,000円/月(税別)

快速ウォーカー

概要 特に片麻痺者の姿勢を安定させ、スムーズな体重移動での歩行を可能にする。
対象者 要支援1、2または要介護度1から3の方
レンタル料 350円/月(税別)

現在、新たな介護機器を公募中!

岡山市は現在、「介護機器貸与モデル事業」に参画する介護機器企業を公募しています。貸与する介護機器1台につき、3年間で最大1500万円が岡山市から支払われます。支払いは、3ヵ月毎の実績確定分に対して行われます。

詳しくは岡山市HPの岡山市介護機器貸与モデル事業委託(単価契約)に係る企画競争実施の公示について よりご確認ください。

まとめ

高価でなかなか個人では購入できない介護ロボット。岡山市の事業を使えば、介護保険と同様の1割負担でレンタルすることができます。

「介護ロボットを使いたい!」という人はもちろん、購入前に試してみたいという人にもおすすめです。今後はこうした取り組みがより多くの自治体に広まっていくことが期待されます。

<参考URL>
岡山市「介護機器貸与モデル事業」(2017年10月5日,http://www.city.okayama.jp/hofuku/hokenfukushiseisaku/hokenfukushiseisaku_00084.html

岡山県「岡山県の高齢者(65歳以上)の市町村別状況(H28.10.1現在)」(2017年10月5日, http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/9870_44751_misc.pdf )