ページトップへ戻るボタン

Flatia

介護ロボットもレンタル可?介護保険の基礎知識

介護ロボットもレンタル可?介護保険の基礎知識

在宅介護をする人、受ける人にとって重要なのが介護保険! でも、介護保険って複雑でよく分からない… ぼくたちみたいな介護ロボットも、介護保険を使ってレンタルしてもらえるのかな? 介護保険とは介護保険とは、市区町村から介護が必要だと認定された40歳以上の人が介護サービスを受けられるための保険です。誰が介護保険を運営しているの?保険制度では、保険のしくみを運営する組織のことを「保険者」とよびます。介護保険の保険者は、市区町村です。 保険者 市区町村 保険者がすること 保険料の徴収・要介護認定・保険給付など 誰が介護保険料を支払わなくてはならないの?保険制度では、保険のしくみに加入する人のことを「被保険者」とよびます。介護保険の被保険者は、40歳以上の人です。被保険者は保険料を支払う義務が生じるかわりに、介護保険給付が受けられる権利を与えられます。 被保険者 40歳以上の人 義務 保険料の納付 権利 介護サービス(保険給付)の利用 被保険者は2種類ある被保険者は、「第1号被保険者」と「第2号被保険者」に分かれます。それぞれの要件は以下のとおりです。 第1号被保険者 65歳以上市町村内に住所のある人 第2号被保険者 40歳以上65歳未満市町村内に住所のある人医療保険加入者 被保険者が保険料を払わないとどうなるの? やばい!被保険者なのに、介護保険料を払い忘れてた! 介護保険料を払わないと、いったいどうなるんだろう? 介護保険の保険料未納を防ぐためにさまざまなしくみが設けられていますが、それでも保険料の未納・滞納が起きることがあります。保険料を払っていない場合、第1号被保険者か第2号被保険者かどうかで対応が変わります。第1号被保険者の場合過去に保険料を滞納した場合は、滞納した期間に応じて2つの対応が取られます。 保険給付を7割に引き下げ 高額介護サービス費の償還を行わない 現時点で滞納している場合は、段階的にペナルティが重くなります。 1年以上 介護サービス利用費用をいったん全額自分で支払い、あとで9割払い戻される償還払いの申請が必要になる 1年6ヶ月以上 償還払いの申請をしても給付が一部もしくは全額差し止められるさらに滞納すると、償還払いの費用が保険料から相殺される 2年以上 介護サービスの自己負担が1割から3割になる高額介護サービス費の支給が受け入れられない 1割負担が3割負担になっちゃうなんて、大変だね! 第2号被保険者の場合第2号被保険者は、被保険者が加入する医療保険(健康保健や国民健康保険など)の保険料に上乗せして介護保険料が徴収されます。そのため、介護保険料の未納・滞納は、すなわち医療保険料の未納・滞納となります。よって、第2号被保険者が介護保険料(医療保険料)を未納・滞納した場合は、以下の対応が取られます。 介護保険料(医療保険料)給付の全部は一時的に差し止め 介護サービスを利用するには? 介護保険の被保険者だけど、●●●をしないと介護サービスが受けられないらしいよ! ●●●って、なんだろう? 介護保険の適用を受けて利用できるサービスを、介護サービスといいます。被保険者が介護サービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があります。要介護認定の申請は、市町村が受け付けています。要介護認定は「要支援状態」と「要介護状態」の2つに大別され、それぞれ「要支援状態1~2」「要介護状態1~5」に区分されます。 区分 状態(おおまかな目安) 要支援1 介護は必要ないものの生活の一部に支援が必要な状態。介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる。 要支援2 要介護1と同様の状態ではあるものの、介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる状態 要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的な介助が必要な状態 要介護2 立ち上がりや歩行などが自力では困難。排泄・入浴などに一部または全面的な介助が必要な状態 要介護3 立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱など全面的な介助が必要な状態 要介護4 日常生活のうえでの能力の定価がみられ、排泄・入浴・衣服の着脱など全般に全面的な介助が必要な状態 要介護5 日常生活全般について全面的な介助が必要な状態。】意思の伝達も困難となる状態も含む 要支援1から要介護5に進むごとに、介護がより必要な状態を示すよ! 介護サービスは何がある? 要介護認定を受けたよ!どんな介護サービスが利用できるのかな? 被保険者が利用できる介護サービスは、要介護認定によって異なります。 要介護1~5 介護給付(25種類) 要支援1・2 予防給付(17種類) 介護給付介護給付のサービスは、大きく以下のように分類できます。 種類 サービス内容 自宅でうけるサービス ホームヘルパーが自宅まで訪問して食事や排泄などの介護をうける訪問介護など 施設に通ってうけるサービス デイサービスセンターなどに通って、食事や入浴などの介護をいける通所介護など 施設に短期間入所してうけるサービス 介護老人福祉施設などに短期間入所して、日常生活の支援などをうける短期入所生活介護など 施設に入居してうけるサービス 在宅での介護が困難な人が、日常生活の介護などをうける介護老人福祉施設でのサービスなど 福祉用具の購入補助や貸与 つえや歩行器などの福祉用具のレンタル、排泄や入浴などに使われる福祉用具の購入にたいして支給 ケアプランの作成 要介護者のケアプランを作成 予防給付予防給付とは、要介護状態に進むことを予防するための給付を目的としています。介護給付に比べて、利用できるサービスが限られるのが特徴です。予防給付で受けられないサービス 施設に入居してうけるサービス ・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設 その他サービス ・複合型サービス・定期巡回・随時対応型訪問介護看護・夜間対応型訪問介護・地域密着型特定施設入居者生活介護・地域密着型介護老人保健施設入所者生活介護 介護保険では、これらのサービスが最大1割負担で利用できます。介護サービスの値段と自己負担 介護保険を使えば、介護サービスや予防サービスが最大1割負担で利用できるんだね! 1割負担さえすれば、いくらでもサービスを利用できるのかな?それとも上限があるのかな? 要介護度によって、月ごとの上限額が設定されます。これを、区分支給限度基準額といいます。区分支給限度基準額は、円ではなく単位で表されます。 区分 区分支給限度額(月額) 要支援1 5,003単位 要支援2 10,473単位 要支援1 16,692単位 要支援2 19,616単位 要支援3 26,931単位 要支援4 30,806単位 要支援5 36,065単位 1単位は10円が基本ですが、サービスや地域によって、1単位の値段が変動します。 値段が単位で表される…?単位は変動する…?ややこしくてよく分からないな じゃあ、以下の例を考えてみよう! 東京23区で、訪問介護(身体介護)を30分以上1時間未満受けた場合 訪問介護(身体介護)30分以上1時間未満の単位 388単位 東京23区の訪問介護の1単位の単価 11.40円 合計 338単位×11.40円=4423円 この場合は、4423円がサービスの費用となります。介護保険で自己負担1割の被保険者は、4423円の1割、つまり443円を支払うことになります。介護保険で借りられる&買える福祉用具 福祉用具を購入したいけど、高くて買えないなあ… そんなときは、介護保険の「福利用具貸与」を使って1割負担でレンタルしよう! 介護保険の対象となっている福祉用具は、1割もしくは2割の自己負担でレンタルもしくは購入が可能です。福祉用具貸与(レンタル)種目福祉用具は、介護度や状態によって使用する製品が変わります。介護状態が変わるたびにその都度買い換えるのは非常に大変なので、貸与(レンタル)が認められています。 歩行補助つえ 歩行器手すりスロープ車いす車いす付属品移動用リフト認知症老人徘徊感知機器特殊寝台特殊寝台付属品床ずれ防止用具体位変換器自動排泄処理装置  ←New! 特定福祉用具購入種目入浴や排泄に使う福祉用具など、再利用するのに心理的抵抗感を覚えやすい福祉用具に関しては、介護保険で購入補助をうけることができます。利用者負担は貸与と同じく1割もしくは2割ですが、支給限度基準額は年間10万円までとなっています。入浴補助用具簡易浴槽移動用リフトつり具腰掛便座自動排泄処理装置の交換可能部分 ←New! 介護ロボットは保険の対象なの? ぼくたちみたいは介護ロボットは、介護保険の貸与や購入の対象になってるのかな? そもそも、福祉用具が介護保険の対象になるかどうかって、誰がいつ決めているのかな? 近年、次世代福祉用具として介護ロボットの開発が盛んです。在宅でも使用できる介護ロボットが誕生していますが、介護保険の対象になっているのでしょうか?介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会とは「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」は、介護保険の対象となる福祉用具の新たな種目の追加や、種類の拡充を検討する会です。これまでに、自動排泄処理装置や水洗ポータブルトイレ(腰掛便座)などが追加されています。平成27年11月には、新たにロボット技術を搭載した歩行器が介護保険のレンタル対象として追加されました。現在、介護保険の対象となっている介護ロボットは以下の通りです。自動制御付き歩行器 RT.2(アールティーツー)|RT.ワークス株式会社  リトルキーパス|株式会社幸和製作所Flatia(フラティア)| 株式会社カワムラサイクルCONPAL(コンパル)|ナブテスコ株式会社 自動排泄処理装置・水洗ポータブルトイレ キューレット|アロン化成株式会社 流せるポータくん|株式会社アム ドリーマー|株式会社アド・ロールス 介護ロボットを介護保険対象とする動き 活発に介護分野におけるロボット新戦略にて、介護ロボットの介護保険制度の種目検討について弾力化を図るという方針が表明されました。それにともない、介護保険の給付対象に関する要望の随時受け付けることや、「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」の開催頻度をあげることが決定しています。2015年11月に開催された「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」では、服薬支援ロボットやコミュニケーションロボット、見守り支援ロボットなど、さまざまな介護ロボットの保険給付が検討されました。いずれにせよ、今後介護ロボットの保険給付が決定されていくことは間違いないといえるでしょう。まとめ 介護保険を利用すれば、訪問介護や福祉用具のレンタルなど、いろんなサービスが1割~2割負担でうけられるんだね! 介護ロボットも、いずれ介護保険の範囲内で使えるようになりそうだね!40歳以上の人は、介護が必要・不必要にかかわらず保険料を納付しなければいけません。保険料を滞納すると、介護サービスの自己負担が3割に引き上げられることもあります。介護保険を使えば、必要な福祉用具が1割~2割でレンタルもしくは購入することができます。次世代福祉機器である介護ロボットも、今後介護給付の対象となりそうです。<<参考資料>>高野龍昭「これならわかる<スッキリ図解>介護保険 第2版」(2015年3月17日)株式会社翔泳社介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会(2015年11月9日)「 平成27年度第1回介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会議事要旨 」いとう総研資格取得支援センター「見て覚える!介護福祉士国試ナビ2014」中央法規出版株式会社

省エネで使いやすい!安心安全な電動アシスト機能付き歩行車「Flatia(フラティア)」|株式会社カワムラサイクル

省エネで使いやすい!安心安全な電動アシスト機能付き歩行車「Flatia(フラティア)」|株式会社カワムラサイクル

寸法 幅540mm×奥行700mm×800~900mm(折りたたみ時:幅370mm×奥行700mm×800mm) 重量 11.4kg 充電時間/連続使用時間 約80分/約5時間 最大使用者体重 100kg 製品概要通常の歩行車と同じ操作でも、自動で快適な走行をサポートしてくれる電動アシスト機能付き歩行車です。3つのセンサーにより、道の傾斜に合わせて自動でアシスト・ブレーキが働くだけでなく、体が離れたり、手が離れたりしても自動でブレーキが働きます。 省エネで使いやすい!安心安全な電動アシスト機能付き歩行車「Flatia(フラティア)」|株式会社カワムラサイクル9月末に行われた国際福祉機器展(HCR)では数々の最先端介護福祉機器が展示されていましたが、中でも注目を集めていたのが「歩行支援機器」です。ロボット技術を搭載した新しい歩行車やリハビリ支援機器を展示する企業ブースが賑わいを見せていましたが、そのひとつに株式会社カワムラサイクルがあります。カワムラサイクルは、「Flatia(フラティア)」という電動アシスト機能付き歩行車を販売している会社です。「Flatia(フラティア)」とはいったいどのような機器なのか?CS・営業本部 取締役本部長の伊藤正明氏に話を伺いました。CS・営業本部 取締役 本部長 伊藤正明氏に話を伺った車いすの専門メーカー、カワムラサイクル神戸市に本社を置く株式会社カワムラサイクルは、車いすを中心とした医療・介護用品メーカーです。主力商品は車いすで、手動式の車いすはもちろん、電動車いすやフルオーダー車いす、リクライニング車いすなど、多種多様な車いすを扱っています。また、歩行車やストレッチャーなどの取り扱いもあります。カワムラサイクルの展示ブースの様子。車いすはもちろん、歩行車もずらりと並ぶ。国際福祉機器展では、さまざまな車いすに加えて、今回ご紹介する「Flatia(フラティア)」をはじめとした歩行車の展示も行っていました。 Flatia(フラティア)とは? ーーーFlatia(フラティア)とはどのような歩行車なのでしょうか? 「Flatia(フラティア)」 とは、ロボットセンサが歩道の傾斜や歩行状態を検知し、それに合わせて自動でアシスト・ブレーキを行う電動機能アシスト付き歩行車です。例えば、上り坂では楽に上れるように自動アシストがかかりますし、つまづきなどで歩行車と利用者の距離が開いた場合も自動でブレーキがかかります。状況に合わせて自分で操作せずとも、Flatiaが判断して適切な速度の歩行をサポートしてくれるのです。3つのセンサが搭載Flatiaには、3つのセンサが搭載されています。ひとつ目が「グリップ内圧力センサ」です。これは、利用者がグリップを握っているか、押しているか引いているかなどを検知するセンサです。グリップから手が離れたことを検知すると、自動でブレーキがかかります。 グリップを離すと自動でブレーキがかかる。二つ目は「測距センサ」です。利用者と本体との距離を測り、設定値以上離れた場合はブレーキがかかります。つまづきなどで突発的に身体が離れた場合に、このブレーキ機能によって転倒を防止することができます。三つ目は「傾斜センサ」です。これは、歩道の傾斜に合わせて自動でブレーキやアシスト機能を働かせるためのセンサです。上り坂か下り坂かだけではなく、どの程度の傾斜なのかも検知し、勾配の大きさによってアシスト(ブレーキ)の力を自動で調整します。そのため、アップダウンの激しい道でも一定の速度で歩行することができます。もちろん、自分で速度を調節することも可能です。また、ハンドルの高さも5段階で調節ができます。 スピードは左ハンドルについた速度調節機能で3段階の変更が可能。 Flatiaの2つの特徴ーーー自動アシスト機能付き歩行車が続々発売されていますが、「Flatia」ならではの特徴はありますか?主に2つあります。一つ目は、短時間の充電でも長く使用できるという点です。Flatiaは、80分充電で5時間の連続使用が可能です。さらに、運転中での充電ができることも大きな特徴です。後輪の回転で電力をバッテリーに戻す”自家発電”の仕組みを搭載しているので、省エネルギーでお使いいただけます。二つ目の特徴は、形状です。Flatiaは、スーパーやコンビニの買い物かごを座面の上に安定して置くことができるよう設計しました。買い物かごは、ストッパーで奥にずれないよう固定されます。座面の上に買い物をそのまま置くことができるので、カートいらず。休憩椅子としても使える。カートなしで安心して買い物を楽しんでいただけるのはもちろん、アシスト機能によって重い荷物も楽に運べるため、これまで一人での買い物や重い食材を買うことを諦めていた方も、気軽にできるようになります。反響、安全性へのこだわりーーー購入した人や、HCRで操作を試された方の反響はいかがですか?操作性やアシスト機能に対する評価はもちろんですが、省エネに対する驚きの声や好評もいただいています。また当社では、より安心安全にお使いいただくために、“フラティア・マイスター制度”をとっています。フラティアマイスターとは、Flatiaのメンテナンス・トラブルシューティングまでできる専門知識のある人間のことで、約3時間の講習を必須としています。おかげさまで展示会などで試運転された方から「購入したい」という声をいただくことが多くありますが、Flatiaはフラティアマイスターのいる認定店にしか商品を卸しておりませんので、ご購入いただくには認定店までお越しいただく必要があります。自立支援に貢献する歩行車ーーー最後にメッセージをお願いします。近年の介護の傾向に「自立支援」があります。要介護者の方の不自由さを補うだけでなく、要介護度の改善をより重視していこうという流れです。当社のFlatiaもそうした流れを受け止め、開発段階からリハビリセンターの協力をいただいています。そこでは、車いすをご利用の方が歩けるようになったり、目線や視線が高くなったことで気持ちが前向きになりQOLが向上したりといった成果もあがっています。今後は、より多くの方にFlatiaをご利用いただき、そうした成果を実感しながら元気に日常を過ごして頂きたいと思っています。編集部まとめ今もっとも注目を集めていると言っても過言ではない「歩行支援ロボット」。ロボット技術を搭載した歩行支援機が続々発売される中で、「省エネ」という特徴が光るFlatiaは、国際福祉機器展でも多くのギャラリーに囲まれていました。「売れれば良いと言う考えではなく、いかに安心・安全にご利用いただけるかを重視した」という “フラティア・マイスター制度”によって、介護ロボットにつきものの故障や不具合に対する不安も取り除いてくれます。

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン