ページトップへ戻るボタン

新商品

ロボットスーツに新製品登場!「HAL® 腰タイプ 自立支援用」とは?

ロボットスーツに新製品登場!「HAL® 腰タイプ 自立支援用」とは?

ロボットスーツ「HAL®」を販売するCYBERDYNE株式会社が、9月25日に新製品「HAL® 腰タイプ 自立支援用」を発表しました。これまで、介護スタッフの腰補助デバイスや歩行・トレーニングをアシストするロボスーツを販売し話題になってきた同社。今回はどのような製品となっているのでしょうか?調べてみました。新製品「HAL® 腰タイプ 自立支援用」とは「HAL® 腰タイプ 自立支援用」は、足腰の弱った高齢者向けに、介助なしでの立ち座りや身体機能向上を目的とした“自立支援用”の装着型デバイスです。すでに2017年10月2日、介護施設に向けて限定販売が開始されています。CYBERDYNE株式会社「 新製品「HAL®腰タイプ 自立支援用」販売開始のお知らせ 」(2017年9月25日)より仕組みは既存の「HAL®」と同じ「HAL®福祉用(下肢タイプ)」などと同様、“生体電位信号”を応用した仕組みです。身体を動かそうとしたときに脳から筋肉へ送られる信号(=生体電位信号)を読み取ることで、その人の意志に合わせて機器が動き、動きがアシストされます。既存のHAL®については、 5分で分かる!ロボットスーツHAL®(ハル)の役割や効果 で確認できます。対象者は?効果は?対象者は、足腰の弱った高齢者などが想定されています。身体機能向上で自立度がアップCYBERDYNE社によれば、体幹動作や立ち座りの動作をする際に装着し、動作を繰り返すことで、徐々に身体機能が鍛えられるとのことです。「HAL® 腰タイプ 自立支援用」の装着によって身体機能が向上すれば、機器を外した状態でも、日常生活での自立度を高めることが期待できるといいます。介護する人の負担も軽減立ち座り動作などは、日常生活で頻回におこる動作です。よって、それらを介助する人にとっては、負担が大きいといえます。そのため、「HAL® 腰タイプ 自立支援用」の装着によって自立度が向上すれば、介護する人の身体的負担も大きく軽減する可能性があります。まずは介護施設向けに限定販売 「HAL® 腰タイプ 自立支援用」 は、介護施設向けに限定販売されています。その後、現場での実証確認・更なる高機能化を図ったうえで、販売台数を順次拡大していくとのことです。「重介護問題」解決に向けてこれまで、介護する人の腰補助デバイスやリハビリ・トレーニングを想定したロボットスーツを開発・販売してきたCYBERDYNE。今回は“自立支援用”と銘打つだけあり、「健康寿命の延伸」「重介護問題の解消」を視野に入れた製品となっています。介護業界の大きな流れとして、今後ますます“高齢者の自立”が重視されていく中、こうした機器がさらに増えていくことが予想されます。<参考資料>CYBERDYNE株式会社「 新製品「HAL®腰タイプ 自立支援用」販売開始のお知らせ 」(2017年9月25日)

“後ろから乗る”電動車いす「RODEM(ロデム)」が新発売!|株式会社テムザック

“後ろから乗る”電動車いす「RODEM(ロデム)」が新発売!|株式会社テムザック

ロボット会社の株式会社テムザックは2017年11月20日、“ 後ろから乗り込めるロボット”「RODEM」の販売を開始しました。介護ロボットONLINE編集部が新製品発表会に潜入してきたので、そのレポートをお送りします!“乗れるロボット”RODEMとは?RODEM(ロデム)は、新しい形の電動車いすです。一般的な車いすが「前から“座る”」形式であるのに対し、RODEMは「後ろから“乗る”」形式をとっているのが一番の特徴です。これにより、ベッドやいすなどへ移乗するときも、身体の向きを変える必要がありません。6つのメリット発表会では、RODEMの6つのメリットについて説明されました。1.ベッドやいすからの乗り移りがスムーズにソファからRODEMを操作し、一人で乗り込むことができるRODEMは座席の高さが変えられるため、乗り込む際はいすやベッドと同じ高さまであげて、腕の力を使って前方にスライドするように乗り込むことができます。2.狭い場所でも旋回がしやすい大きく感じるが、実は一般的な車いすとほぼ同じ大きさRODEMは四輪駆動で動いているため、その場での旋回がスムーズにできます。また、一見大きく感じられるサイズ感ですが、実は全長は一般的な車いすよりも小さく、幅もほぼ同じか数ミリ大きい程度です。ふだん車いすで無理なく生活できる環境であれば、RODEMも活躍することができます。3.スマートフォンで遠隔操作ができる降りたあとは、邪魔にならない場所に停めておけるRODEMは、スマートフォンで遠隔操作できるため、乗らないときは部屋の隅に停めておき、必要になったら自分のそばまで呼び寄せることができます。発表会では、離れた場所からソファまでRODEMを呼び寄せ、向きを変えて一人で移乗する様子がデモンストレーションされました。4.歩行車と視線の高さを合わせることができ、会話しやすい横に立つ髙本代表取締役とほぼ同じ高さだRODEMはこれまでの車いすと比べて、座った状態でも高い目線を保つことができます。髙本代表取締役によれば、「デンマークでの実証実験の際も、目線が高くなり見下されなくなったという点が非常に評価された」とのことです。  座面高は 、シートが一番高い状態で785mm、一番低い状態で400mmになります。5.生活空間を広げ、自立度をアップテーブルの下にも入り込めるRODEMでは、車いすでは困難だった活動もできるようになります。デモンストレーションでは、シートを上げて前かがみして、テーブルの奥にあるコップをとり水を飲む様子が見られました。動画では洗面台で身支度をする様子や、食事の準備をする様子も映し出されました。6.前傾姿勢により、気持ちが前向きになるRODEMは、“質の高い生活を、すべての人に”をコンセプトに開発された製品です。髙本代表取締役は、いすに“座る”形式の車いすから、後ろから“乗る”形式へと発想を転換したことで、生活が楽になるのはもちろん、気持ちまで前向きになるというメリットがあると話します。価格は?レンタルできる?RODEMのメーカー希望小売価格は、98万円(非課税、送料・調整費別)。レンタルの場合は月額で約5万円程度となる予定とのことです。介護保険適用の場合、ユーザーの負担額は約5,000円~10,000円程度を想定しているとのことでした。さらにリースでの展開も予定しており、6年契約で月額約18,000円程度と想定されています。販売やレンタルは、総合商社のCBC株式会社と協業し、全国の福祉機器レンタル会社や医療機器販売代理店にて行われます。今後の展開は?まずは日本を中心に販売を開始し、来年の5月頃に配送を予定しているとのことです。国内以外では、イギリスやロシア、EUからはじめ、2019年からはアメリカや中国での販売も開始し、2020年には5000台の販売を目標としています。2017国際ロボット展で試乗できるRODEMは、2017年11月29日(水)~12月2日(土)に東京ビックサイトで開催される「2017国際ロボット展」にて試乗体験ができます。概要は下記のとおりです。 日時 2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00 会場 東京ビックサイト 東6ホール NEDOブース内 RODEM(ロデム)スペック 名称/型番 RODEM(ロデム)/M651  サイズ  全幅690mm × 全長1000(~1203)mm  ※( )シートが一番低い状態 高さ 全高920(~1254)mm 座面高400(~785)mm   ※( )シートが一番低い状態 重量 約110kg 速度 最高6km/h ※速度調整可能 コントローラ  ジョイスティック/スマートフォンによる遠隔操作(Bluetooth) 駆動方式 4輪駆動  充電 プラグイン方式(家庭用100V)/充電時間:8時間 カラーバリエーション ブルーメタリック、ピンクメタリック、ダークグレーメタリック、シルバー、ホワイト 防水 生活防水

日本初上陸!AI・機械学習機能搭載型 ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」

日本初上陸!AI・機械学習機能搭載型 ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」

アメリカ・サンフランシスコに拠点を置くアイオロス・ロボスティクス社は2018年12月11日、AI・機械学習機能搭載型のヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」のレンタルサービスを2019年8月から開始すると発表しました。レンタル予約は2019年4月からです。アイオロス・ロボティクス社CEOのアレキサンダー・フアン氏(右)AI・機械学習機能搭載型 ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」とは?アイオロスロボットは、高度なAIセンサとさまざまな機能を備えた、自律型のヒューマン支援ロボットです。人、顔、モノ、テキストなど、周囲の環境や情報を学習・認識する「AIビジョンセンサ」、人が後ろ向きや横たわった状態でも同一人物であることを認識できる「物体検知能力」「空間認識能力」「整体信号検知機能」、さらに「音声認識機能」も備えています。また、ロボットは車輪によって移動することが可能な上、両腕がロボットアームになっているため、介護施設内での食事や洗濯物等の運搬するなどの活用が期待できます。さらに、深層・機械学習を基に、転倒や体調不良による通常とは異なる行動などの安全監視などの業務をサポートすることも可能です。 アイオロス・ロボティクスは、日本の超高齢化社会における介護マーケットの拡大を見据えて、国内でも業務改善にロボット導入を積極的に進めている企業と介護施設内の附帯業務支援に関する実用検証試験を開始しています。アイオロス・ロボット概要 名称 アイオロス・ロボット レンタル予約 開始時期 2019年4月 レンタル提供 開始時期 2019年8月 レンタル販売価格 月額15万円(税抜) 備考 ※為替の変動によるレンタル提供価格の変動可能性有り※最低レンタル契約期間は3ヶ月からを予定 製品サイト https://aeolusbot.com/ 製品問い合わせ先 jp.information@aeolucbot.com/ ※日本語対応可能 アイオロス・ロボット特徴AIビジョンセンサによる多次元の顔識別が可能1万以上の対象物の認識が可能充電時間:4時間、稼働時間:4時間 Google Home、Amazon Alexaなどに対応 Aeolus Robotics Co., Ltd. 会社概要 会社名 Aeolus Robotics Co., Ltd. 設立 2016年9月 代表者 CEO・Alexander Huang 事業内容 AI搭載型ヒューマン支援ロボット開発・製造

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン