ページトップへ戻るボタン

リトルキーパス

【2018年版】介護ロボット分野がテーマの株式銘柄一覧

【2018年版】介護ロボット分野がテーマの株式銘柄一覧

超高齢社会へと投入する日本。医療や介護の世界では、人手不足が深刻な問題となっています。介護の人手不足解消として期待を集めているのが介護ロボットです。今、多くの企業が介護ロボットの開発に乗り出しています。2018年2月に閣議決定された「 高齢社会対策大綱 」では、介護ロボットの市場規模を2020年までに約500億円へ成長させる目標が打ち出されています。今後も拡大が期待できる介護ロボット業界。今回は、介護ロボットの開発を手がける企業をまとめました。東証一部 まずは、東証一部に上場している企業を紹介するよ! 大和ハウス工業株式会社大和ハウス工業株式会社はロボット事業を展開しており、さまざまな介護ロボットの販売代理店となっています。サイバーダイン社の「ロボットスーツHAL®」をはじめ、見守りロボットである「シルエット見守りセンサ」、パナソニックのベッド型ロボ「リショーネPlus」など、合計13種類のロボットを販売しています(2018年2月23日時点)。 大和ハウス工業株式会社のホームページはこちら 【体験レポ】大和ハウスの介護ロボット展示場「D’s TETOTE」に行ってみた!【前編】【インタビュー】なぜ大和ハウスが介護ロボットを?「D’s TETOTE」で聞いてみた【後編】住友理工株式会社 2014年10月、社名を「東海ゴム工業株式会社」から変更した住友理工株式会社。同社は独立行政法人理化学研究所(理研)とともに、要介護者の身体を抱え上げてベッドから車椅子へ移乗させるなどの介助作業を行う「ROBEAR」の共同開発を行っていました。 住友理工株式会社のホームページはこちら 富士機械製造株式会社要介護者の移乗を介助する移乗サポートロボット「Hug」の開発・販売を行っています。 富士機械製造株式会社のホームページはこちら 株式会社安川電機介助者の負担軽減を目的とし、要介護者のQOL向上のために日常生活で必要な歩行や、立ち座り動作を支援するための屋内移動アシスト装置を開発・販売を行っています。とくに歩行に関するロボットを積極的に開発しており、脊髄損傷者用歩行アシスト装置「ReWalk」や、足首アシスト装置「Cocoroe AAD」などが販売中です。 株式会社安川電機のホームページはこちら 株式会社村田製作所幸和製作所と共同で、要支援1~要介護1程度の歩行に不安がある方向けの電動歩行アシストカー「KeePace(キーパス)」を開発しています。 株式会社村田製作所のホームページはこちら坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所 本田技研工業株式会社ヒューマノイドロボットASIMOの歩行理論をもとに、「倒立振子モデル」に基づく効率的な歩行をサポートする歩行訓練機器を開発しています。 本田技研工業株式会社のホームページはこちら   エア・ウォーター株式会社医療用ガスのトップサプライヤーとして、高度医療から暮らしにかかわる医療まで、包括的な医療ソリューションを展開しているエア・ウォーター株式会社。昨今では福祉介護施設の運営や福祉介護機器の製造販売も展開しており、その一つに超微粒子シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」シリーズがあります。 エア・ウォーター株式会社のホームページはこちら シャワー式だから安全、なのにしっかり温まる。介護用入浴装置「美浴」|株式会社エア・ウォーター 株式会社ソルクシーズ主に金融、証券系などのシステム開発及びパッケージソフトの開発・販売などの様々な事業を行っている株式会社ソルクシーズ。各種センサー技術と、それを可視化するソフトウェア開発技術を新たな分野で応用するために立ち上げられた福祉介護の新規事業で開発されたのが「いまイルモ」です。「いまイルモ」は離れて暮らすご家族へ生活の様子をお伝えする、センサーによる見守り支援システム。在宅での使用が想定されています。 株式会社ソルクシーズのホームページはこちら 環境も生活リズムも見える化!まるで同居してるみたいな見守り支援システム「いまイルモ」|株式会社ソルクシーズ パラマウントベッド株式会社昭和22年に病院用ベッドの専業メーカーとしてスタートしたパラマウントベッド株式会社。福祉や介護向けの製品開発を展開する中で、非接触型の見守りシステムである「眠りSCAN」を開発・販売しています。 パラマウントベッド株式会社のホームページはこちら ケアプラン改善にも!次世代マット式見守りシステム「眠りSCAN」|パラマウントベッド株式会社フランスベッドホールディングス株式会社ベッドをはじめとした家具類や、福祉用具・在宅医療機器の製造販売およびレンタルを行っているフランスベッド株式会社。近年は認知症に特化した取り組みを行っており、その一環として認知症外出通報システム「おでかけキャッチ」や赤ちゃん型コミュニケーションロボット「泣き笑い たあたん」を販売しています。 フランスベッド株式会社のホームページはこちら 赤ちゃん型ロボットで「介護される」立場から「世話する」立場へ「泣き笑い たあたん」フランスベッド株式会社個人賠償責任保険も!認知症外出通報システム「おでかけキャッチ」|フランスベッド株式会社ベッド内蔵型で体重も測れる「見守りケアシステムM-2」|フランスベッド株式会社自動寝返り支援ベッドで8割が「夜間の見回りが楽になった」!|フランスベッド株式会社 セコム株式会社今から15年前、日本で初めての食事支援ロボット「マイスプーン」を発売したセコム株式会社。高齢者向けの見守りサービス事業なども展開しているセコムでは、頸髄損傷や、ALS、脳性麻痺、筋ジストロフィー、慢性関節リウマチなどの疾患の人向けに自立支援ロボットを販売しています。 セコム株式会社のホームページはこちら世界初の”実用的な”介護ロボット!食事支援ロボ「マイスプーン」|セコム株式会社 TOTO株式会社誰もが使える”ユニバーサルデザイン”を心がけるTOTO株式会社。同社が高齢者や歩行が困難な人にむけて開発・販売しているのが 「ベッドサイド水洗トイレ」 です。その他にも、入浴介助の負担軽減が期待できる「バスリフト」などの販売も行っています。 TOTO株式会社のホームページはこちら より文化的な排泄介助をめざして「ベッドサイド水洗トイレ」|TOTO株式会社 東証二部 東証二部に上場している企業を紹介するね!象印マホービン株式会社象印マホービン株式会社では、離れて暮らしていても、ご家族のガス利用状況をeメールでお知らせする、「みまもりほっとラインi-pot」を開発しています。 象印マホービン株式会社のホームページはこちら ジャスダック ジャスダックに上場している企業を紹介します!株式会社菊池製作所「マッスルスーツ」などを販売する子会社のイノフィスを設立した 株式会社菊池製作所。そのほかにも、手の震えを抑える肘装着ロボットなどを開発しています。 株式会社菊池製作所のホームページはこちら 人工筋肉で介護の腰痛問題を解決!マッスルスーツ| 株式会社イノフィス21名のスタッフで2台をフル活用!マッスルスーツの導入成功事例(友愛十字会・砧ホーム) 株式会社幸和製作所株式会社村田製作所と共同で電動歩行アシストカー「KeePace(キーパス)」を開発しているほか、株式会社MJIと介護施設向けコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」の共同開発なども行っています。 株式会社幸和製作所のホームページはこちら 坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所株式会社構造計画研究所1959年に創業して以来、建物の構造設計業務をはじめとしたさまざまな業務を行ってきた株式会社構造計画研究所。そこで培ったセンシング技術を応用して、離床リスク検知センサー「EVER Relief」を開発・販売しています。 株式会社構造計画研究所のホームページはこちら 二段構えセンサーで離床をキャッチ!|「EVER Relief」株式会社構造計画研究所東証マザーズ 東証マザーズに上場している企業を紹介します! サイバーダイン株式会社介助者の身体負担を軽減する介護支援用ロボット「HAL」をはじめ、医療用下肢タイプのものや作業支援用のものなど、さまざまな用途で利用可能なロボットを開発しています。 サイバーダイン株式会社のホームページはこちら5分で分かる!ロボットスーツHAL®(ハル)の役割や効果ロボットスーツに新製品登場!「HAL® 腰タイプ 自立支援用」とは? さいごに今後、さらなる市場規模拡大が予想される介護ロボット市場。ベンチャーはもちろん大手企業も介護ロボット開発に乗り出しており、これからの動きに期待が集まります。経済産業省は、平成30年度の事業である「ロボット介護機器開発・標準化事業」に11億円の予算をあてることを決定しました。国内での開発支援はもちろん、海外展開を視野に入れた支援も行っていく予定です。介護ロボットONLINEでは、今後も介護ロボットを開発するメーカーへ積極的に取材を行っています。取材依頼は 問い合わせフォーム よりお願いします。2016年は30億円超え!介護ロボット市場の現状と将来予測

介護ロボットもレンタル可?介護保険の基礎知識

介護ロボットもレンタル可?介護保険の基礎知識

在宅介護をする人、受ける人にとって重要なのが介護保険! でも、介護保険って複雑でよく分からない… ぼくたちみたいな介護ロボットも、介護保険を使ってレンタルしてもらえるのかな? 介護保険とは介護保険とは、市区町村から介護が必要だと認定された40歳以上の人が介護サービスを受けられるための保険です。誰が介護保険を運営しているの?保険制度では、保険のしくみを運営する組織のことを「保険者」とよびます。介護保険の保険者は、市区町村です。 保険者 市区町村 保険者がすること 保険料の徴収・要介護認定・保険給付など 誰が介護保険料を支払わなくてはならないの?保険制度では、保険のしくみに加入する人のことを「被保険者」とよびます。介護保険の被保険者は、40歳以上の人です。被保険者は保険料を支払う義務が生じるかわりに、介護保険給付が受けられる権利を与えられます。 被保険者 40歳以上の人 義務 保険料の納付 権利 介護サービス(保険給付)の利用 被保険者は2種類ある被保険者は、「第1号被保険者」と「第2号被保険者」に分かれます。それぞれの要件は以下のとおりです。 第1号被保険者 65歳以上市町村内に住所のある人 第2号被保険者 40歳以上65歳未満市町村内に住所のある人医療保険加入者 被保険者が保険料を払わないとどうなるの? やばい!被保険者なのに、介護保険料を払い忘れてた! 介護保険料を払わないと、いったいどうなるんだろう? 介護保険の保険料未納を防ぐためにさまざまなしくみが設けられていますが、それでも保険料の未納・滞納が起きることがあります。保険料を払っていない場合、第1号被保険者か第2号被保険者かどうかで対応が変わります。第1号被保険者の場合過去に保険料を滞納した場合は、滞納した期間に応じて2つの対応が取られます。 保険給付を7割に引き下げ 高額介護サービス費の償還を行わない 現時点で滞納している場合は、段階的にペナルティが重くなります。 1年以上 介護サービス利用費用をいったん全額自分で支払い、あとで9割払い戻される償還払いの申請が必要になる 1年6ヶ月以上 償還払いの申請をしても給付が一部もしくは全額差し止められるさらに滞納すると、償還払いの費用が保険料から相殺される 2年以上 介護サービスの自己負担が1割から3割になる高額介護サービス費の支給が受け入れられない 1割負担が3割負担になっちゃうなんて、大変だね! 第2号被保険者の場合第2号被保険者は、被保険者が加入する医療保険(健康保健や国民健康保険など)の保険料に上乗せして介護保険料が徴収されます。そのため、介護保険料の未納・滞納は、すなわち医療保険料の未納・滞納となります。よって、第2号被保険者が介護保険料(医療保険料)を未納・滞納した場合は、以下の対応が取られます。 介護保険料(医療保険料)給付の全部は一時的に差し止め 介護サービスを利用するには? 介護保険の被保険者だけど、●●●をしないと介護サービスが受けられないらしいよ! ●●●って、なんだろう? 介護保険の適用を受けて利用できるサービスを、介護サービスといいます。被保険者が介護サービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があります。要介護認定の申請は、市町村が受け付けています。要介護認定は「要支援状態」と「要介護状態」の2つに大別され、それぞれ「要支援状態1~2」「要介護状態1~5」に区分されます。 区分 状態(おおまかな目安) 要支援1 介護は必要ないものの生活の一部に支援が必要な状態。介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる。 要支援2 要介護1と同様の状態ではあるものの、介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる状態 要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的な介助が必要な状態 要介護2 立ち上がりや歩行などが自力では困難。排泄・入浴などに一部または全面的な介助が必要な状態 要介護3 立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱など全面的な介助が必要な状態 要介護4 日常生活のうえでの能力の定価がみられ、排泄・入浴・衣服の着脱など全般に全面的な介助が必要な状態 要介護5 日常生活全般について全面的な介助が必要な状態。】意思の伝達も困難となる状態も含む 要支援1から要介護5に進むごとに、介護がより必要な状態を示すよ! 介護サービスは何がある? 要介護認定を受けたよ!どんな介護サービスが利用できるのかな? 被保険者が利用できる介護サービスは、要介護認定によって異なります。 要介護1~5 介護給付(25種類) 要支援1・2 予防給付(17種類) 介護給付介護給付のサービスは、大きく以下のように分類できます。 種類 サービス内容 自宅でうけるサービス ホームヘルパーが自宅まで訪問して食事や排泄などの介護をうける訪問介護など 施設に通ってうけるサービス デイサービスセンターなどに通って、食事や入浴などの介護をいける通所介護など 施設に短期間入所してうけるサービス 介護老人福祉施設などに短期間入所して、日常生活の支援などをうける短期入所生活介護など 施設に入居してうけるサービス 在宅での介護が困難な人が、日常生活の介護などをうける介護老人福祉施設でのサービスなど 福祉用具の購入補助や貸与 つえや歩行器などの福祉用具のレンタル、排泄や入浴などに使われる福祉用具の購入にたいして支給 ケアプランの作成 要介護者のケアプランを作成 予防給付予防給付とは、要介護状態に進むことを予防するための給付を目的としています。介護給付に比べて、利用できるサービスが限られるのが特徴です。予防給付で受けられないサービス 施設に入居してうけるサービス ・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設 その他サービス ・複合型サービス・定期巡回・随時対応型訪問介護看護・夜間対応型訪問介護・地域密着型特定施設入居者生活介護・地域密着型介護老人保健施設入所者生活介護 介護保険では、これらのサービスが最大1割負担で利用できます。介護サービスの値段と自己負担 介護保険を使えば、介護サービスや予防サービスが最大1割負担で利用できるんだね! 1割負担さえすれば、いくらでもサービスを利用できるのかな?それとも上限があるのかな? 要介護度によって、月ごとの上限額が設定されます。これを、区分支給限度基準額といいます。区分支給限度基準額は、円ではなく単位で表されます。 区分 区分支給限度額(月額) 要支援1 5,003単位 要支援2 10,473単位 要支援1 16,692単位 要支援2 19,616単位 要支援3 26,931単位 要支援4 30,806単位 要支援5 36,065単位 1単位は10円が基本ですが、サービスや地域によって、1単位の値段が変動します。 値段が単位で表される…?単位は変動する…?ややこしくてよく分からないな じゃあ、以下の例を考えてみよう! 東京23区で、訪問介護(身体介護)を30分以上1時間未満受けた場合 訪問介護(身体介護)30分以上1時間未満の単位 388単位 東京23区の訪問介護の1単位の単価 11.40円 合計 338単位×11.40円=4423円 この場合は、4423円がサービスの費用となります。介護保険で自己負担1割の被保険者は、4423円の1割、つまり443円を支払うことになります。介護保険で借りられる&買える福祉用具 福祉用具を購入したいけど、高くて買えないなあ… そんなときは、介護保険の「福利用具貸与」を使って1割負担でレンタルしよう! 介護保険の対象となっている福祉用具は、1割もしくは2割の自己負担でレンタルもしくは購入が可能です。福祉用具貸与(レンタル)種目福祉用具は、介護度や状態によって使用する製品が変わります。介護状態が変わるたびにその都度買い換えるのは非常に大変なので、貸与(レンタル)が認められています。 歩行補助つえ 歩行器手すりスロープ車いす車いす付属品移動用リフト認知症老人徘徊感知機器特殊寝台特殊寝台付属品床ずれ防止用具体位変換器自動排泄処理装置  ←New! 特定福祉用具購入種目入浴や排泄に使う福祉用具など、再利用するのに心理的抵抗感を覚えやすい福祉用具に関しては、介護保険で購入補助をうけることができます。利用者負担は貸与と同じく1割もしくは2割ですが、支給限度基準額は年間10万円までとなっています。入浴補助用具簡易浴槽移動用リフトつり具腰掛便座自動排泄処理装置の交換可能部分 ←New! 介護ロボットは保険の対象なの? ぼくたちみたいは介護ロボットは、介護保険の貸与や購入の対象になってるのかな? そもそも、福祉用具が介護保険の対象になるかどうかって、誰がいつ決めているのかな? 近年、次世代福祉用具として介護ロボットの開発が盛んです。在宅でも使用できる介護ロボットが誕生していますが、介護保険の対象になっているのでしょうか?介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会とは「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」は、介護保険の対象となる福祉用具の新たな種目の追加や、種類の拡充を検討する会です。これまでに、自動排泄処理装置や水洗ポータブルトイレ(腰掛便座)などが追加されています。平成27年11月には、新たにロボット技術を搭載した歩行器が介護保険のレンタル対象として追加されました。現在、介護保険の対象となっている介護ロボットは以下の通りです。自動制御付き歩行器 RT.2(アールティーツー)|RT.ワークス株式会社  リトルキーパス|株式会社幸和製作所Flatia(フラティア)| 株式会社カワムラサイクルCONPAL(コンパル)|ナブテスコ株式会社 自動排泄処理装置・水洗ポータブルトイレ キューレット|アロン化成株式会社 流せるポータくん|株式会社アム ドリーマー|株式会社アド・ロールス 介護ロボットを介護保険対象とする動き 活発に介護分野におけるロボット新戦略にて、介護ロボットの介護保険制度の種目検討について弾力化を図るという方針が表明されました。それにともない、介護保険の給付対象に関する要望の随時受け付けることや、「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」の開催頻度をあげることが決定しています。2015年11月に開催された「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」では、服薬支援ロボットやコミュニケーションロボット、見守り支援ロボットなど、さまざまな介護ロボットの保険給付が検討されました。いずれにせよ、今後介護ロボットの保険給付が決定されていくことは間違いないといえるでしょう。まとめ 介護保険を利用すれば、訪問介護や福祉用具のレンタルなど、いろんなサービスが1割~2割負担でうけられるんだね! 介護ロボットも、いずれ介護保険の範囲内で使えるようになりそうだね!40歳以上の人は、介護が必要・不必要にかかわらず保険料を納付しなければいけません。保険料を滞納すると、介護サービスの自己負担が3割に引き上げられることもあります。介護保険を使えば、必要な福祉用具が1割~2割でレンタルもしくは購入することができます。次世代福祉機器である介護ロボットも、今後介護給付の対象となりそうです。<<参考資料>>高野龍昭「これならわかる<スッキリ図解>介護保険 第2版」(2015年3月17日)株式会社翔泳社介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会(2015年11月9日)「 平成27年度第1回介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会議事要旨 」いとう総研資格取得支援センター「見て覚える!介護福祉士国試ナビ2014」中央法規出版株式会社

坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所

坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所

品名 リトルキーパス 品番 WAW10 組み立て寸法 幅545×奥行670×高さ900~1080mm 折りたたみ寸法 幅545×奥行505×高さ930mm 重量 約14kg(標準バッテリーパック装着時) 最大使用者体重 75kg 連続動作時間 約4時間(標準モード・通常歩行・標準バッテリーパック使用時) 充電時間 約2時間 サイクル寿命 500回 価格 185,000円(税抜) 品名 リトルキーパスS 品番 WAW14 組み立て寸法 幅475×奥行580×高さ640~910mm 折りたたみ寸法 幅475×奥行445×高さ730mm 重量 約9kg(標準バッテリーパック装着時) 最大使用者体重 75kg 連続動作時間 約4時間(標準モード・通常歩行・標準バッテリーパック使用時) 充電時間 約3時間 価格 148,000円(税抜) 製品概要センサー技術で、自動アシスト・制御を実現したオートサポート歩行車です。サポートモード、パワーモード、標準モードの3つが用意されており、ブレーキや速度制限の強さなどを選ぶことができます。坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所TacaoF(テイコブ)というブランドでさまざまな福祉用具を開発、販売している幸和製作所。とくにシルバーカーの分野では、国内でトップシェアを誇っている老舗企業です。そんな老舗の福祉用具メーカーが、ロボット技術をかけ合わせた全く新しい歩行車を開発したとのこと。関東ショールームにお邪魔し、自動アシスト歩行車「リトルキーパス」を体験してみました。事業内容とブランドコンセプトーーー御社の事業内容について教えてください。お話を伺った営業本部 営業2部の今村氏(左)と和多氏(右)当社は、昭和40年創業の総合福祉用具メーカーです。もともとは乳母車ベビーカーの製造販売からスタートしたのですが、石などを積んで前輪が浮かないように乳母車を使用されている高齢者が少なからずいることに気づきました。そこで、はじめから前輪が浮かないように設計し直し、高齢者の方向けに商品化しました。それがシルバーカーの第一号です。昭和45年には国内初のシルバーカーの製造販売を開始し、徐々に乳母車から高齢者向けの歩行補助車に商材をシフトしていきました。現在は、シルバーカー以外にもさまざまな福祉用具や介護関連商品を開発・製造しています。2007年10月には、TacaoF(テイコブ)という新たなブランドを発表しました。TacaoF(テイコブ)というブランド名には、「take care of…のお世話をする」という思いがこめられています。リトルキーパスの開発背景ーーー御社はさまざまな歩行車を製造されていますが、リトルキーパス開発のきっかけはあるのでしょうか?「リトルキーパス」は、従来の歩行車に自動アシスト機能を追加した新しい歩行車です。弊社はこれまで、さまざまなニーズに合わせた歩行車を開発、製造してきました。日本の住環境に合わせ、自動改札も通れるコンパクトな歩行車を始めとして、軽さを追求したもの、突進現象に適したもの、屋内利用に特化したものなど、豊富なラインナップを取り揃えています。幸和製作所 歩行車ラインナップ一例しかし、それでもまだ解決できない課題がありました。それが、上り坂、転倒、横流れという3つの問題です。従来の歩行車では解決できない3つの課題機体を極限まで軽くしても、上り坂になると自身の体重や歩行車の重さがどうしても負担となり、上れないという方は多くいらっしゃいます。また、歩行中に機器が身体から離れてしまうことによる転倒をゼロにするのは、従来の歩行車では非常に困難です。横流れとは、歩行車が傾斜の付いている方向に勝手に流れていってしまう現象です。通常、道路は車道にむかって2°の傾斜がついているので、気をつけていないと車道に寄ってしまうこともあります。また坂道で旋回するときも一苦労です。弊社では、これら3つの課題を、従来の歩行車にロボット技術を加えることで一気に解決しました。それが「リトルキーパス」なのです。リトルキーパスとはーーーリトルキーパスについて詳しく教えてください。リトルキーパスの軽量化モデル「リトルキーパスS」リトルキーパスは、ロボット技術が上り坂・下り坂や転倒につながる急加速、横傾斜を検知し、状況に合わせて全自動でアシストをしてくれるオートサポート歩行車です。ロボット技術の3大要素である、「センサー」「制御」「駆動系」をすべて備えています。3つのセンサーリトルキーパスには、3つのセンサーが搭載されています。静電センサー、ジャイロセンサー、加速度センサーの3つです。静電センサーでハンドルに触れているかを検知し、ジャイロセンサー、加速度センサーで傾斜や急加速を検知します。3モードから選べる制御3つのセンサーで検知した情報にしたがって、危険回避機能や速度制限機能が働きます。速度制限の強さなどは、3モードからお選びいただけます。サポートモード、パワーモード、標準モードです。上り坂の場合、標準モードを基準として、パワーモードはより強めのアシストが、サポートモードは弱めのアシストが働きます。下り坂の場合、パワーモードではやや弱めのブレーキが、サポートモードでは強めのブレーキが働きます。実際に体験してみたリトルキーパスの使い心地を感じていただくために、まずは自動アシスト機能がついていない一般的な歩行車をお試しいただきます。こちらの歩行車は約8kgです。傾斜を上ったあと旋回して、坂を下りてみてください。ーーー上りは8kg程度の重さを感じますね。下りは、けっこうスルスルと進んでいくのでついていくのが少し大変です。ご高齢者の方になると、この8kgの重さが非常な負担になる場合があります。また、下りのスピードについていけず、転倒してしまう恐れがあるんです。次に、リトルキーパスで同様に傾斜を上り降りしてみてください。リトルキーパスの操作性を体験してみる。ハンドルはしっかり身体を支えてくれる馬蹄形だーーー上りなのに、全然重さを感じません。リトルキーパスは14kgありますが、利用者にかかる重力をセンサーとモーターがアシストしてくれるので、重みを全く感じずに歩くことができます。では、上り坂のうえで旋回してみてください。ーーー先ほどは旋回のために横向きになったとき、ずるずると下に落ちていってしまう感じがしたのですが、それを全く感じません。むしろ、私が旋回しようとしているのを読み取ったように、動きをサポートしてくれているかのような感覚があります。傾斜の上にくるタイヤが逆回転することでブレーキがかかる横流れ防止機能のお陰で、非常に安定して旋回できることがお分かりいただけたと思います。旋回時だけでなく、傾斜のある道を歩くときも楽にまっすぐ進むことができます。現在「パワーモード」を体験していただいていますが、「サポートモード」に変更してもう一度お試しください。サポートモードで再挑戦。モード切り替えは設定ボタンを押すだけでオーケーーーー上り坂ではさっきよりも重さを感じます。下り坂のほうがより違いを感じますね。しっかりと身体を支えながら進む、という感じがあります。「サポートモード」は、パーキンソン病やリハビリテーション時など、車体に体重を預けるように使う方向けのモードとしてお使いいただけます。上り坂では弱めのアシストであまり引っ張る力を加えず、下り坂では強く押しても転倒しないよう強めのブレーキがかかります。平坦な道でも常にブレーキをかけて抑速してくれるので、速度が出すぎず転倒を予防します。ーーー同じ機器なのに、モードが変わるだけで別の機器のような使用感ですね。モードを切り替えることによって、1機種でも使い勝手の幅が広がりますよね。ご利用者は要介護度で言うと1~2の軽度者を想定しておりますが、モードを切り替えることで、今まで電動車いすを使っていた重度の方もリトルキーパスをお使いいただけるケースがあります。逆に、抵抗器付きの歩行車を使い始める前の段階にある軽度の方にもリトルキーパスをおすすめしています。軽量の歩行車を使っている方の中には、上り坂に困っているという方が少なくありません。我々は、そういった方には軽量モデルの「リトルキーパスS」を特におすすめしています。ーーーその他の機能を教えてください。異常な加速を検知すると、転倒防止のために自動ブレーキ機能が作動します。また、坂道途中でポストに手紙を投函するなどして歩行車から手を離した場合も、自動でブレーキがかかります。ハンドル部の静電センサーで手を触れているかいないかを検知し、自動ブレーキをかけるあとは、一般的な歩行車についている機能はすべて備えています。例えば休憩椅子やコンパクトな収納、ワンタッチでのハンドル高さの切り替えなどです。折りたたんだところ。形状や折りたたみなどは、既存の歩行車とほぼ同じだ開発のこだわりーーーリトルキーパスのこだわりはどこですか?開発段階では、万が一誤作動や誤使用しても事故につなげさせないために、実際にリハビリセンターや高齢者施設にご協力いただき意見を伺いました。例えば、途中で電源が切れてしまった場合、一番危ないシーンは下り坂なのですが、下り坂でモーターが作動しなくても転げ落ちないよう、後輪に負荷がかかるようにしています。また、電源の切り忘れ対策として、手を離してから約5分接触がなかったら、自動的に電源がオフになるようになっています。もっとも難しかったのは、モードを3つに凝縮した点です。いろいろな組み合わせができるなか、あえてモードを3つに絞ったのは、設定の簡単さ、使いやすさを目指したからです。操作性と汎用性を両立するために、モニタリングでアシストやブレーキの強さを割り出し、それぞれのモードで最適化させました。反響と課題ーーー利用者からの反響を教えてください。一番好評をいただいているのは、やはり坂道での歩行ができるようになったという点です。なかには、車いすからリトルキーパスに乗り換えたという方や、歩行練習のためにリトルキーパスを使用しているという方もいらっしゃいます。手引歩行のような形でリトルキーパスのアシスト機能をお使いいただくことで、歩行の勘を取り戻したり、足の運動を行ったりしているとのことです。そういった意味では、自立支援にもつながる機器だと言えるでしょう。ーーー逆に、反響から見えてきた課題はありますか?人によっては、音声案内が聞こえない、または不要といったご意見をいただくことがあります。「リトルキーパス」では異常事態時などの音声案内が、「リトルキーパスS」では追加で電源OFF時に歩行距離をお知らせしてくれる音声案内機能がついています。あとは、まだまだロボット技術を搭載した歩行車の知名度が低く、なかなか受け入れられないという点が課題です。研修会を随時開始しているので、使い心地や操作の簡単さをアピールしていきたいと考えています。メッセージーーー最後にメッセージをお願いします。テイコブのブランドコンセプトとかぶりますが、使われる方はもちろん、介助する方や介護職員の方含めて、介護に前向きになれる社会を作っていきたいと考えています。そのために、皆さまが楽しみや喜びを感じることができる商品を、これからも開発していきたいと思っています。「介護保険で借りられるなんて知らなかった」「初めて触った」等とおっしゃる方もまだまだ多く、一般の歩行車に比べたらなかなか知っていただく機会が少ないのは事実ですが、弊社の関東ショールームは一般の方に向けても随時公開していますので、興味のある方はぜひ一度体験しに来ていただければと思います。編集部まとめ「リトルキーパス」を体験して、「自動アシストがあるとこんなに歩行が楽になるのか!」と驚きを覚えました。上り坂ではまったく重さを感じず上ることができ、下り坂では「リトルキーパス」に身体を預けるようにして自分のペースで下れるので、従来の歩行車とは安心感が別次元です。坂道の歩行に不安を覚えている方には、ぜひ一度試してみてほしいと感じました。 コメントお名前(ニックネーム):さくらコメント内容:すごい。うちは、下り坂で悩んでいる。角度とかも、変えれたもっとすごい。介護保険の割引で買えないと コメントお名前(ニックネーム):コメント内容: 手摺りのない、坂をこのロボットがあれば、たすかります。登りは助かりますねー 

介護ロボットの価格が気になる!いくらで買えるのか調べてみた【HAL、PALRO、パロetc】

介護ロボットの価格が気になる!いくらで買えるのか調べてみた【HAL、PALRO、パロetc】

介護ロボットが個人で買える時代になってきたね! でも、高いんじゃないの?僕たちでも買えるのかな?介護ロボットが市販される時代になってきました。最近では、個人で購入できる介護ロボットも存在します。しかし、その価格はピンきり。数百万円以上するものから数万円で買えるものまでさまざまです。今回は、気になる介護ロボットの値段を調べてみました。介護ロボットの価格介護ロボットといっても、種類や大きさ、機能は多種多様。それによって値段も変わります。介護ロボットには、要介護者の移乗などをサポートする介護支援型、リハビリなどをサポートする自立支援型、レクリエーションをしたり要介護者の見守るを代替するコミュニケーション・セキュリティー型の3タイプがあり、そのなかでもコミュニケーション・セキュリティー型の介護ロボットは比較的低価格で購入できることが多いです。さっそく、代表的な介護ロボットの価格を紹介します。サイボーグ型ロボットHAL® 販売価格目安:2,000,000円~ レンタル目安:139,000円~8,200,000円 HAL®は、「身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる、世界初※のサイボーグ型ロボット」」です。 ※ WIPO(世界知的所有権機関)にて、本国際特許はNotable Inventionに認定。 現在、NON-MEDICAL TYPEのHAL®の個人向けレンタルは行われておらず、医療・介護福祉等の施設のみレンタル/リース可能です。HAL®福祉用(下肢タイプ) CYBERDINE株式会社HPより 初期導入費用 6ヶ月 1年 3年 5年 両脚 550,000円 188,000円 178,000円 168,000円 158,000円 片脚 400,000円 139,000円 132,000円 125,000円 118,000円HAL®自立支援用(単関節タイプ) 大和ハウス工業株式会社HPより 保証期間など 法人向け5年レンタル 税別価格(税込価格) 初期導入費用400,000円(432,000円)+130,000円(140,400円)/月×5年 備考 ・個人のお客様にはご案内できません。・両回転セットの価格です。・5年総額 8,200,000円(税込8,856,000円)HAL®介護支援用(腰タイプ) 大和ハウス工業株式会社HPより 保証期間など 法人向け3年レンタル 税別価格(税込価格) 初期導入費用100,000円(108,000円)+78,000円(84,240円)/月×3年 備考 ・個人のお客様にはご案内できません。・3年総額 2,908,000円(税込31,40,640円) HAL®介護支援用(腰タイプ)また、HAL®介護支援用(腰タイプ)はCYBERDYNE株式会社公式HPにて購入プランが用意されています。 1台購入プラン(税込) HAL®介護支援用(腰タイプ) 2,000,000円   初期導入費用 108,000円 合計 2,108,000円 保守費用(税抜) 月額/台 20,000円 備考 ・ご利用期間中については、機体ごとに定額保守サービスが必要・利用期間中は自動更新・最長期間は5年 5分で分かる!ロボットスーツHAL®(ハル)の役割や効果パワーアシストスーツ市場規模が1.4倍に!でも本当に使えるの? ヒューマノイドロボットPALRO(パルロ) 販売価格目安:670,000円 レンタル目安:124,000円~724,000円 PALRO(パルロ)は、人工知能を有した会話ロボットです。顔認識機能で個人を判別し、連鎖的に会話を広げることができます。位置認識機能で自由に歩行し、インターネットを介した遠隔操作も可能です。高齢者福祉施設はもちろん、家庭でもコミュニケーションロボットとして活躍できるPALRO(パルロ)ですが、現状は家庭用のサービスは準備中となっています。ここでは、高齢者福祉施設等での仕様を想定した「ビジネスシリーズ 高齢者福祉施設向けⅡ」の価格を紹介します。PALRO(パルロ)は、購入もしくはレンタルが可能です。購入価格 PALRO(パルロ)公式HPより 希望小売価格(税別) 670,000円 通常レンタルサービス 価格 PALRO(パルロ)公式HPより 通常料金 契約期間 2ヶ月 契約金(税別) 40,000円 月額(税別) 40,000円 送料(税別) 4,000円(納品時+返却時) 総額(税別) 124,000円 長期レンタルサービス(24ヶ月)価格 PALRO(パルロ)公式HPより 通常料金 契約期間 24ヶ月 契約金(税別) 0円 月額(税別) 30,000円 送料(税別) 4,000円(納品時+返却時) 総額(税別) 724,000円メンタルコミットロボット パロ|株式会社知能システム 販売価格目安:388,800円~453,600円 レンタル目安:124,000円~724,000円パロはアザラシ型のコミュニケーションロボットです。アメリカでは認知症の方への医療機器として登録されています。体中にセンサーが搭載されており、撫でると動物と同じような反応を返すことで、利用者にアニマル・セラピーと同様の効果を与えます。パロの開発メーカーである株式会社知能システムや全国の取扱店・販売代理店で購入することができます。メンテナンスパック付 パロ 株式会社知能システム公式HPより メーカー販売価格(税込) 453,600円 3年保証/送料無料メンテナンスなし パロ 株式会社知能システム公式HPより メーカー販売価格(税込) 388,800円1年保証/送料無料 また、メンテンナンスパック付のパロは、一般の企業向けリース会社で契約することもできるとのことです。(株式会社知能システム公式HPより) (例)リース期間:36ヶ月 月々のリース料は12,000~15,000円程度(実際のリース料、再リース料は各リース会社により異なります。)癒やし効果でギネス登録!アザラシ型メンタルコミットパロの効果や価格その他市販されている介護ロボットの価格を紹介介護支援型マッスルスーツ モデル名 希望小売価格(税別) 標準モデル(タンクタイプ・外部供給タイプ) 600,000円 軽補助モデル(タンクタイプ・外部供給タイプ) 600,000円 スタンドアローン(タイトフィット)  700,000円 スタンドアローン(ソフトフィット) 800,000円 21名のスタッフで2台をフル活用!マッスルスーツの導入成功事例(友愛十字会・砧ホーム)人工筋肉で介護の腰痛問題を解決!マッスルスーツ| 株式会社イノフィス 離床アシストロボット リショーネPlus 希望小売価格 90万円(税抜・配送・組み立て費用別)  ベッドが車いすに大変身!離床アシストロボット「リショーネPlus」|パナソニックエイジフリー株式会社ベッドもロボット化する時代!介護ベッドのメーカーとレンタル方法まとめ リトルキーパス 価格 185,000円(税抜)  坂道も楽々、だから安心。オートサポート歩行車「リトルキーパス」|株式会社幸和製作所 ロボットアシストウォーカー RT.1、RT.2 RT.1 (アールティーワン) 単体228,000円(税別)通信付き(3年)248,000円(税別) RT.2(アールティーツー) 単体 118,000円(税別) 高性能でカッコイイ!新しい歩行器ロボットアシストウォーカーRT.1・RT.2|RT.ワークス株式会社 コミュニケーション・セキュリティー型BOCCO 価格 29,000円(税抜)  シンプルなのに使い方無限大!家族をつなぐロボットBOCCO|ユカイ工学株式会社いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん 希望小売価格 25,000円(税別) 認知機能の向上も!コミュニケーションロボット「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」|ピップRT株式会社 テレノイド 価格 600,000円(税別)操作端末付  介護や認知症に期待。遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」|株式会社テレノイドケア介護ロボットの価格は高すぎる?市販されている一部の家庭向けコミュニケーションロボットを除くと、大半の介護ロボットが数十万円以上で販売されていることがわかります。実はこの「価格の高さ」が、介護ロボットの普及を阻む原因の一つとなっているのです。 介護ロボットONLINEが独自で行ったアンケートによれば、半数以上の施設が、「介護ロボットを導入していない」理由として「価格が高いから」を選択しています。中には、「導入に必要なコストや手間がかかりすぎている」、「導入は試みたいが、その過程における必要人員を割けられない」という意見もありました。介護ロボット、約7割が「導入していない」――導入阻む原因1位は「価格」|ウェルクスが「介護ロボット」に関する調査を実施介護ロボットの普及率はどのくらい?普及を阻む3つの要因補助金でまかなえないの?価格の高さのせいで普及が進まない現状をうけ、政府は介護ロボットの購入費用を全額負担する補助金制度を平成27年度に実施しました。それが「介護ロボット等特別導入支援事業」です。この補助金制度には全国の介護福祉施設から申込みが殺到し、多くの介護ロボットが導入されました。しかし、この補助金制度は平成27年度以降は実施されず、現在は各自治体による補助金制度があるのみです。多くの自治体は、上限を10万円とし、介護ロボット導入経費の2分の1する支援事業(介護ロボット導入支援事業)を行っています。ただし、先述したとおり、介護ロボットの大半は10万円以上するため、この補助金制度ではまかなえないのが現状です。介護ロボットのこれから高額な介護ロボット。価格が高いゆえ、高性能であってもなかなか普及が進んでいません。今後、介護ロボットは安くなるのでしょうか?「1台10万円」をめざす政府は、開発・導入支援のコンセプトとして、これまで非常に複雑かつ高価だった介護ロボットを、単純かつ安価にして、実際に「使える」ものにしていくことを明らかにしています。具体的には、1台10万円程度で購入できることを目指しています。大事なのは費用対効果介護ロボットに限らず、新たな機器を導入するときに重要なのは、価格ではなくむしろ費用対効果です。高くてもその分人件費が削減でき、将来的にはプラスになるということであれば、多少無理してでも導入したいという施設はいるはずです。介護ロボットの費用対効果に関しては、あまり調査が進んでいません。コミュニケーションロボットに関するある調査では、「価格が安い方が効果は大きかった」という結果も出ています(※)。介護コミュニケーションロボット「34%が改善」|実証試験総まとめ【第1回】なぜ「活動」に着目?意外な結果から分かったコミュニケーションロボットの可能性【第2回】レクリエーションを代替する介護ロボットの問題点――改めて「レクリエーション」とは【第3回】 これは、介護ロボットそのものの機能以上に、「いかに活用するか」によって効果の表れ方が大きく変わることを示唆しています。とはいえ、導入する施設としては、業務負担の軽減や自立支援促進などの面で「介護ロボットがどれだけ効果があるのか」が分からなければ、なかなか導入に踏み切れないのも事実です。今後は、介護ロボットの費用対効果を客観的・定量的に測っていく必要があるでしょう。 ※介護分野における コミュニケーションロボットの活用に関する 大規模実証試験報告書まとめまだまだ高額な介護ロボット。最近では、大手住宅メーカーの大和ハウスが総合販売代理店をとなりレンタルを開始するなど、できるだけ導入しやすい環境づくりが整えられつつあります。しかし、政府がめざす「1台10万円」にはおよびません。介護負担軽減、自立支援促進のために、今後も更なるコスト削減が求められます。介護ロボが夜勤職員の代わりに!見守りロボット導入で報酬加算、厚生労働省が発表介護ロボット一覧表【種類別 】計57機器※随時更新【徹底解説!】平成30年度介護報酬改定 総まとめ

介護ロボット一覧表【種類別 】計65機器※随時更新

介護ロボット一覧表【種類別 】計65機器※随時更新

さまざまなタイプが続々発売されている介護ロボット。介護ロボットの種類は、ロボットスーツのようなタイプやぬいぐるみのようなものまで多岐にわたります。ここでは介護ロボットの種類を紹介し、それぞれの介護ロボットを一覧にまとめました。※2018/05/28更新介護ロボット、約7割が「導入していない」――導入阻む原因1位は「価格」|ウェルクスが「介護ロボット」に関する調査を実施介護ロボットの価格が気になる!いくらで買えるのか調べてみた【HAL、PALRO、パロetc】介護ロボットの普及率はどのくらい?普及を阻む3つの要因介護ロボットの3つの領域介護ロボットの中には、一見ロボットには見えないようなものまであり、「介護ロボットって何だろう?」「どのような種類があるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。介護ロボットの種類は、現在大きく3つに分けられています(※)。 介護支援型のロボット 自立支援型のロボット コミュニケーション・セキュリティ型のロボット です。 ※公益社団法人かながわ 福祉サービス振興会 介護ロボット推進本部より 介護支援型ロボット介護支援型ロボットは、介護者の介護業務を支援するロボットです。移乗や入浴、排泄などの介護業務は、介護者の身体的・精神的負担となります。これらの負担を介護ロボットによって軽減することで、腰痛予防、介護スタッフの離職率低下、より質の高いケアの実現など、さまざまなメリットが期待できます。 介護支援型ロボット一覧 ロボット名 会社名 説明 HAL®介護支援用(腰タイプ) CYBERDYNE(サイバーダイン) 株式会社 皮膚にセンサーを貼り付け、生体信号を読み取り動作時のパワーををアシストするロボットスーツ。 スマートスーツ 株式会社スマートサポート 機械的な動力を用いず、弾性体(ゴム)の張力だけで軽労化効果を発生させるパワーアシストスーツ。 マッスルスーツ 株式会社イノフィス(イノフィスの取材記事を読む) 人工筋肉で腰にかかる負担を補助する装着型の腰補助用デバイス。 美浴 株式会社エア・ウォーター(エア・ウォーターの取材記事を読む) 半自動で、入浴介助の時間を約1/3まで短縮可能なドーム型のシャワー入浴装置。 リショーネPlus パナソニックエイジフリー株式会社 (パナソニックエイジフリーの取材記事を読む) ベッドと車いすを分離合体させることによって、ベッドと車いすの移乗介助を手助けするロボティックベッド。 愛移乗くん 株式会社アートプラン(アートプランの取材記事を読む) 下半身に障害がある人向け移乗補助装置。本体におんぶされるイメージで寄りかかり、リモコン操作で90°回転して移乗。 ドリーマー アドロールス株式会社(アドロールスの取材記事を読む) 専用カップからでる温水が出て陰部と肛門を洗浄。完全自動化した全自動排泄処理ロボット。 AYUMI EYE 株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団(早稲田エルダリーヘルス事業団の取材記事を読む) 利用者の腰にベルトで装着して歩くだけで身体機能測定ができる歩行解析デバイス。 PiT Care リーフ株式会社(リーフの取材記事を読む) 高齢者の歩行能力を簡単に測定・記録できる歩行評価インソール。TUGテスト、歩行テスト、片脚立位テストなどにも対応。 ヘルパー育 キョウワアグメント株式会社(キョウワアグメントの取材記事を読む) 吊り下げ型リフト式移乗機の問題解決を目指した床走行式リフト。スリングシートを装着し、アームに引っ掛けて移乗する。 Keipu 株式会社アイザック(アイザックの取材記事を読む) ベッドや車椅子から直接のり移れる新しいスタイルの移乗・移動ロボット。その場で360度旋回できるのが特長。 ごっくんチェッカー 株式会社ハッピーリス(ハッピーリスの取材記事を読む) 嚥下音を”聞ける化”・”見える化”して、正しく飲み込めているかを確認できる介護ロボット。誤嚥していないか、喉頭残留がないかなどが判断できる。 ケアコラボ ケアコラボ株式会社(ケアコラボの取材記事を読む) クリエイティブなケアをするための新しい介護記録ソフト。利用者ごとにタイムラインが存在し、そこにスタッフやご家族が「記録」を投稿していくというスタイルが特徴。 ROBEAR 住友理株式会社 介護支援ロボットの研究用プラットフォーム。熊型で、寝たきりの要介護者にも対応できる移乗支援ロボットとして動くデモ動画が話題に。 自動寝返り支援ベッド  フランスベッド株式会社(フランスベッドの取材記事を読む) 体位変換にかかる負担を減らすために、自動で寝返りをサポートしてくれる介護ベッド。般的な3モーターの介護ベッドに自動寝返り機能が備わっており、ゆっくりとベッドを傾けることで体位変換を行うことができる。 ロボヘルパーSASUKE マッスル株式会社 ベッド⇔車いす間の移乗介助をアシストする移乗アシストロボット。 自立支援型ロボット自立支援型ロボットは、要介護者の自立を支援するロボットです。移動や食事、排泄といった日常生活動作の支援だけでなく、リハビリをサポートして将来的な自立を支援するタイプもここに含まれます。 自立支援型ロボット一覧 ロボット名 会社名 説明 Honda歩行アシスト 本田技研工業株式会社 「倒立振子モデル」に基づく効率的な歩行をサポートする歩行訓練機器。 ACSIVE(アクシブ) 株式会社今仙技術研究所 (今仙技術研究所の取材記事を読む) 「受動歩行」理論に基いて作られた無動力の歩行支援機。 ReWalk 株式会社安川電機 脊髄損傷者用歩行アシスト装置。 Tree リーフ株式会社 (リーフの取材記事を読む) 足圧測定を装着し、音と映像に合わせて的確なリハビリができる歩行リハビリ支援ツール。 愛移乗くん アートプラン株式会社(アートプランの取材記事を読む) 下半身に障害がある人向け移乗補助装置。本体におんぶされるイメージで寄りかかり、リモコン操作で90°回転して移乗。 RT.1、RT.2 RT.ワークス 株式会社(RT.ワークスの取材記事を読む ) ハンドルに手を添えて歩くだけで最適なアシストをしてくれる、ロボットアシストウォーカー。 キューレット アロン化成株式会社(アロン化成の取材記事を読む) 新幹線のトイレと同じ真空式を採用した水洗ポータブルトイレ。 流せるポータくん 株式会社アム(アムの取材記事を読む) 水があふれでないタイマー機能を搭載した水洗ポータブルトイレ。3種類の施工方法から選べる。 リトルキーパス 株式会社幸和製作所(幸和製作所の取材記事を読む) 上り坂・下り坂や転倒につながる急加速、横傾斜を検知し、状況に合わせて全自動でアシストをしてくれるオートサポート歩行車。 ラップポン 日本セイフティー株式会社(日本セイフティーの取材記事を読む) 排泄物を自動で袋に包んで密封してくれる、水を使わないポータブルトイレ。 マイスプーン 株式会社セコム(セコムの取材記事を読む) 手の不自由な方が体の一部を動かすだけで、自分で食事ができるようにするロボット食事支援ロボット。 服薬支援ロボ ケアボット株式会社(ケアボットの取材記事を読む) 設定した時間に自動的に薬を排出することで、薬の飲み過ぎや飲み忘れ、飲み間違いを予防してくれる服薬支援ロボット。 Flatia 株式会社カワムラサイクル(カワムラサイクルの取材記事を読む) ボットセンサが歩道の傾斜や歩行状態を検知し、それに合わせて自動でアシスト・ブレーキを行う電動機能アシスト付き歩行車。 ベッドサイド水洗トイレ TOTO株式会社(TOTOの取材記事を読む) 水洗トイレでありながら、従来のポータブルトイレと同様にベッドのそばに後付けで設置することができる、動かせる水洗トイレ。 モフトレ 株式会社Moff(Moffの取材記事を読む) IoTを使った介護事業所向けの自立支援サービス。「Moffバンド」が動きを計測し、結果や分析内容がタブレット上に表示される。 DFree トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(トリプル・ダブリュー・ジャパンの取材記事を読む) 下腹部に装着することで体内の動きを検知・分析し、排尿のタイミングを予知・通知してくれる排泄予知ロボット。 RODEM 株式会社テムザック(テムザックの新商品発表会レポートを読む) 一般的な車いすが「前から“座る”」形式であるのに対し、RODEMは「後ろから“乗る”」形式をとっているのが特徴。 パワーアシストハンド 有限責任事業組合LLPアトムプロジェクト 空気の膨張・収縮をによって、手指関節のリハビリテーションを行うリハビリ補助ロボット。 Hug 富士機械製造株式会社 ベッドから車椅子、車椅子からトイレといった座位間の移乗動作や、脱衣所での立位保持をサポートする移乗サポートロボ。 コミュニケーション・セキュリティ型ロボット コミュニケーション型ロボットは、利用者とコミュニケーションをとったり、ロボットがアウトプットするコミュニケーションを手段として用いることで、利用者の活動を向上させるロボットです。言語を使ったコミュニケーションをとるものだけでなく、非言語的なコミュニケーションをとるものも含まれます。 コミュニケーション型ロボット一覧 ロボット名 会社名 説明 PALRO(パルロ) 富士ソフト株式会社 AIによる自律的な会話、歩行、遠隔操作ができるコミュニケーションロボット。 ユニボ ユニロボット株式会社 個人の趣味・嗜好・生活習慣を学習し、交流を促進するソーシャルロボット。 いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん ピップRT株式会社(ピップRTの取材記事を読む) 5種類のセンサやスイッチを内蔵し、接し方によって反応を返す家庭向けのコミュニケーションロボット。 Tapia(タピア) 株式会社MJI タッチパネルモニタを搭載し、ビデオ通話や天気予報案内をするライフパートナーロボット。手のひらサイズの「Tapia mini(タピアミニ)」も。 BOCCO ユカイ工学株式会社(ユカイ工学の取材記事を読む) 専用アプリを通じて、音声またはテキストメッセージをやりとりできる、「家族をつなぐ」コミュニケーションロボット。 テレノイド 株式会社テレノイドケア(テレノイドケアの取材記事を読む) 石黒浩教授によって開発された遠隔操作型アンドロイド。想像力を掻き立てる造形でコミュニケーションを引き出す。 OriHime(オリヒメ) 株式会社オリィ研究所(オリィ研究所の取材記事を読む) 「孤独の解消」を目指して開発された走査型の分身ロボット。遠隔で通話ができる。 ロボコネクト(Sota) NTT東日本株式会社(NTT東日本の取材記事を読む) クラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」とコミュニケーションロボットのSotaがファシリテーターとなり、レクリエーションの司会進行するサービス「Sotaレク」。 りつこ式レクササイズ フューブライト・コミュニケーションズ株式会社(フューブライト・コミュニケーションズの取材記事を読む) Pepperを使った高齢者用レクリエーションアプリ。比較的介護度の低い人がターゲット。 健康王国 for Pepper 株式会社エクシング(エクシングの取材記事を読む) Pepperを使った音楽療養コンテンツ。体操やクイズなどのレクリエーションができる。 なでなでねこちゃん トレンドマスター株式会社(トレンドマスターの取材記事を読む) 4つのセンサーが動きを感知し、撫でられた場所にあった鳴き声をあげる、猫型のコミュニケーションロボット。 泣き笑い たあたん フランスベッド株式会社(フランスベッドの取材記事を読む) 手足に触れると赤ちゃんを模したセラピー人形が泣き声や笑い声をあげたりする、赤ちゃん型コミュニケーションロボット。 まいにちロボレク 株式会社ロゴス(ロゴスの取材記事を読む) Pepperを使った介護施設向けのロボアプリ。人レクリエーションと全体レクリエーションの2コース搭載している他、顔認証機能、問題出し分け機能、データ蓄積機能を搭載。 パロ 知能システム株式会社 アザラシ型のコミュニケーションロボット。アメリカでは、認知症の方への医療機器として登録。体中にセンサーが搭載されており、撫でると動物同様に反応。 ここくま 株式会社NTTドコモ・BCC株式会社 他(BCC株式会社の取材記事を読む 離れて暮らす家族をつなぐための、新しいコミュニケーションツール。テディベア型のコミュニケーションロボットにボイスメッセージ機能やおはなし機能などを搭載。 こんにちは赤ちゃん トレンドマスター株式会社(トレンドマスターの取材記事を読む 「赤ちゃんと暮らす幸せ」を基本コンセプトに据え、1歳児をモチーフに開発したコミュニケーションロボット。 Qoobo ユカイ工学株式会社(ユカイ工学の取材記事を読む 犬や猫などのペットの代わりとしていやしを感じてさせるクッション型のセラピーロボット。 スマイビ 株式会社東郷製作所(東郷製作所の取材記事を読む 目・口・首の動きや声、ランプで喜怒哀楽を表現する赤ちゃん型コミュニケーションロボット。 Kibiro 株式会社FRONTEOコミュニケーションズ(FRONTEOコミュニケーションズの取材記事を読む 離れた場所にいても専用アプリから生活の様子を確認したり、コミュニケーションをとることが可能。 セキュリティ型ロボットは、利用者の動きなどに応じて介護者へ状況を通知し、離れた場所からでも見守りを可能にするロボットです。見守り支援型ロボットとも呼ばれます。 セキュリティー型ロボット一覧 ロボット名 会社名 説明 おへやプラス ニフティ株式会社(ニフティの取材記事を読む) 部屋の温度・湿度の見守りと、遠隔のエアコン操作による室温調整が可能な見守りサービス。 おでかけキャッチ フランスベッド株式会社(フランスベッドの取材記事を読む) 見守る側の家族や介護者が認証キーを持つシステムをとる認知症の外出通報システム。レンタル利用者を対象とした個人賠償責任保険付帯サービスも。 Mi-Ru(ミール) ワイエイシイエレックス株式会社(ワイエイシイエレックスの取材記事を読む) カメラを使った介護施設向け見守りシステム。専用携帯端末からの声がけが可能。 眠りスキャン パラマウントベッド株式会社(パラマウントベッドの取材記事を読む) マットレスの下に敷くだけでベッド上に居る人の状態をリアルタイムでモニタリングできる、非接触型の見守りシステム 。 Neos+Care(ネオスケア) ノーリツプレシジョン株式会社(ノーリツプレシジョンの取材記事を読む) 3Dセンサを用いて人の動きを検知しシルエット画像で表示する見守りができる予測型見守りシステム。 まもる~の ASD株式会社(ASDの取材記事を読む) 入床・入眠・離床がひと目で分かる睡眠見守りセンサー。 アースアイズ アースアイズ株式会社(アースアイズの取材記事を読む) AIを搭載し、人の姿や動作を分析して通知するカメラを使った見守りシステム。 いまイルモ 株式会社ソルクシーズ(ソルクシーズの取材記事を読む) 照度センサーや温度センサー、湿度センサーなど部屋の環境を検知する見守りシステム。「PaPeRo i」というコミュニケーションロボットを活用したサービス「いまイルモ PaPeRo i」も。 シルエット見守りセンサ キング通信工業株式会社(キング通信工業の取材記事を読む) ベッド上の空間を検知する赤外線センサを使った見守りシステム。 OWLSIGHT福祉用(施設向け) 株式会社イデアクエスト (イデアクエストの取材記事を読む) 慶應義塾大学理工学部 中島真人教授が開発した技術に基づく、個人の識別せずに危険を検知する見守りシステム。 見守りケアシステムM-2 フランスベッド株式会社(フランスベッドの取材記事を読む) ベッド上の利用者のの離床動作を検知して通知するベッド内蔵型の見守りロボット。体重測定機能もあり。 Dream Care 株式会社DREAM TOKYO(DREAM TOKYOの取材記事を読む) バイタルセンサーを活用した非接触型の見守りシステム。入居者を見守るだけでなく、プライバシーを守りながら施設のリスクマネジメントにも貢献する機能が特徴。 ベッド見守り支援ソリューション NECネッツエスアイ株式会社・トーテックアメニティ株式会社(NECネッツエスアイ・トーテックアメニティの取材記事を読む) 「見守りライフ」を活用した見守りソリューション。主な機能は、離床検知機能、健康見守り機能、同時見守り機能、メール配信機能の4つ。 ライフリズムナビ+Dr. エコナビスタ株式会社(エコナビスタの取材記事を読む) 「リアルタイムの見守りにプラスして、日々の健康状態を見える化し、変化の予兆をいち早く捉えることに力を入れた次世代見守りロボット。 今のところ、多くの市販されている介護ロボットは、この3つのどれかに分類できます。もっとも、ひとつの介護ロボットに、二つ以上の機能を備えるものも少なくありません。例えば、「愛移乗くん」(株式会社アートプラン)は、移乗介助を支援してくれる「介護支援型」という側面に加え、人によっては誰の手も借りずに自ら移乗できるようになるという点で、「自立支援型」のロボットでもあります。 厚生労働省・経済産業省による分類 介護ロボットの支援事業を主導する厚生労働省と経済産業省は、とくに重点的に開発をすすめる分野として、下記の6分野13項目を策定しました。 移乗介護(装着型/非装着型) 移動支援(屋外用/屋内用/装着型の歩行支援) 排泄支援 (ポータブルトイレ/排泄予測/トイレ内でのサポート) 見守り・コミュニケーション(介護施設用/在宅介護用/コミュニケーションロボット) 入浴支援 介護業務支援 この分類は、あくまで政府が優先的に開発・普及を進めたいと考えるロボットを元にしているので、この分類に収まらない介護ロボットも当然存在します。例えば、利用者の服薬を支援するロボットや食事を支援するロボットなどがすでに商品化されています。 その他の介護ロボット一覧 ロボット名 会社名 説明 マイスプーン 株式会社セコム(セコムの取材記事を読む) 食事支援 ケアボット 服薬支援ロボ(ケアボットの取材記事を読む) 服薬支援 ごっくんチェッカー ハッピーリス (ハッピーリスの取材記事を読む) 嚥下支援 まとめ 介護ロボットは、目的によって大きく3種類に分けられるのが一般的となっています。厚生労働省や経済産業省は、さらに細かく5分野8項目を設け、その分野から重点的に開発や導入支援を行っています。介護ロボットの進歩は、ロボット技術・介護技術の進歩とともにあります。今後、技術の進歩によって現在の3領域から徐々に細分化していく可能性は十分に考えられます。CYBERDYNE社のHAL®のように、介護ロボットから医療機器へクラスチェンジするものも出てくるでしょう。※商品の追加希望がございましたら、お気軽に 問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン