自らがお世話する存在へ。赤ちゃん型ぬいぐるみロボット「こんにちは赤ちゃん」|トレンドマスター株式会社

介護ロボットONLINE編集部介護ロボットONLINE編集部

作成日2017/11/23 更新日2017/11/232,162views

2017年10月、経済産業省が介護ロボットの 「重点開発分野」を新たに追加したと発表 しました。その中のひとつに、「コミュニケーションロボット」があります。

にわかに盛り上がりを見せるコミュニケーションロボット業界ですが、これまでにも 「なでなでねこちゃん」 などの親しみやすいコミュニケーションロボットの開発を行ってきたトレンドマスター株式会社が、新たに赤ちゃん型のコミュニケーションロボットを発売しました。

すでに「かわさき基準」の認証に向けた効果検証も行っているという「こんにちは赤ちゃん」について、代表の中田氏にインタビューしていきます。

undefined

トレンドマスター株式会社代表取締役社長の中田氏に話を伺う

「こんにちは赤ちゃん」 とは?

undefined

2017年10月28日に新発売した「こんにちは赤ちゃん」

ーーー「こんにちは赤ちゃん」とはどのような製品ですか?

こんにちは赤ちゃんは、「赤ちゃんと暮らす幸せ」を基本コンセプトに据えて、1歳児をモチーフに開発した、新しいコミュニケーションロボットです。

音センサーと振動センサーを内蔵していますので、あやしたり話しかけたりすると1歳児の言葉で返事をします。とはいえ1歳児なので、正確な言葉にはなっていません。その不明確さが、いかにも1歳児の赤ちゃんを表現しています。

可愛い外観のぬいぐるみ本体の中に、脱着可能のセンサーユニットが入っていますが、それを取り外すとぬいぐるみや服は洗えますので、清潔な状況を保つことができます。

ご年配の方は、アクティブな方も介護が必要な方も、ややもすると孤立しがちです。こんにちは赤ちゃんと暮らすことで、子育てをしていた活き活きとした時代を思いおこし、心の安定とコミュニケーションの促進を図れるロボットをめざしました。

ーーー開発の背景やきっかけを教えてください。

高齢者福祉施設に入居されている女性の方の多くは、人形をお持ちの方が目立ちます。人形を抱くことで、ふだんお世話や保護される側の高齢者の方が保護する側となるため、心の安定につながるのではと考えたのです。

undefined

しかしながら既存の人形の多くは、重い、洗えない、あるいは高額などの理由で、気軽に購入することが難しいと感じていました。そこで、それらを改善した商品開発を目指しました。

こんにちは赤ちゃんの“5つのこだわり”

ーーー開発中に特に気をつけたこと・こだわりはなんですか?

開発上のキーワードは、5点です。可愛い・簡単・リアリティー・清潔・安価です。

「可愛さ」という点では、ぬいぐるみのデザインに加え、肌触りや抱き心地・ドレスのデザインにもこだわりました。見た目だけでなく、使っても総合的に「可愛い赤ちゃん」ができたと自負しています。

undefined

手や顔はさらりとした肌触りで、服はより丈夫な生地でできている

「簡単さ」では、他社のコミュニケーションロボットと比較しても圧倒的に操作が簡単にできるよう、シンプルさにこだわりました。「こんにちは赤ちゃん」では電池を入れてスイッチを入れるだけで良く、何か設定をしたりボタンを押したり、決まった言葉を入力したり、Webに接続したりする必要が一切ありません。

「リアリティー」では、特に音声にこだわりました。本当の1歳児の声を録音し、可愛い言葉(喃語)を抽出しました。また、それらをあやし方に対応した配列で並べています。言葉の中には、ご機嫌な状態・ぐずった状態など、感情も含まれています。放置すると1分ほどぐずって寝ますし、抱き起すと自動的に再起動します。

「清潔さ」にもこだわりました。従来は、常に人形といると、汚れて感染症の原因になることもありましたが、センサーユニットを外せば、すべて洗える素材と構造にしました。洗浄後の再使用の場合は、十分乾いているか確認してお使いいただきたく思います。

undefined

服はマジックテープ式になっており、簡単に着脱可能だ

「安価」こそ、最大にこだわったポイントです。一人でも多くの方に「赤ちゃんと暮らす幸せ」を感じていただくためには、他社と同様の価格設定では、高すぎて手が出ないと思いました。

そこで、音声認識機能・AI機能・通信機能など、コストが上がる要因は開発段階ですべて削り落としました。施設にご入居の方のおこずかいで購入できる、8000円(税別)でご提供します。

新たなターゲットは“子育て経験のある女性”

undefined

ーーー前回の「なでなでねこちゃん」での実証試験結果を踏まえ、意識されたことはありますか?  

昨年の「なでなでねこちゃん」「ワンちゃん」を踏まえ、「こんにちは赤ちゃん」は、その延長線上に位置づけています。

「なでなでねこちゃんシリーズ」ならびに「なでなでワンちゃん」は、AMED、テクノエイド協会にてそれぞれ実証実験を行いました。そこで分かったことは、あたりまえの事ですが、「猫好きの方には“ねこちゃん”を、犬好きの方には“ワンちゃん”をお使いいただくと良い」ということです。

今回は、ターゲットに「子育て経験のある女性」を想定して “赤ちゃん”を取り上げました。「こんにちは赤ちゃん 」も来月12月からテクノエイド協会にて実証調査を行うことになりましたので、具体的にどのような効果があるのか検証したいと考えています。

すでに効果検証も実施中


ーーー利用者の声・外部の評価・反響にはどんなものがありますか?

発売して間もないですが、少しずつ反響をいただいています。そのでも代表的なコメントをご紹介します。

80歳代の認知症の女性は、若いころから人形が好きで、着せ替え人形やぬいぐるみ多数に囲まれて暮らしていらっしゃいました。その方に「こんにちは赤ちゃん」をお使いいただいたところ、一番のお気に入りとなり、毎日一緒に暮らしていただいているとのことです。ご本人からは、「ぬいぐるみの軽さと抱き心地や、話しかけると返事をしてくれるところが良い」とおっしゃっていただきました。

外部の評価としては、現在かわさき基準の認証に向けて、認知症ネットワーク・発達障害の方への検証を実施している最中です。

また、テクノエイド協会によるマッチングにて、高齢者福祉施設の東京聖新会でも 20人規模の検証を実施する予定です。

低単価でシンプル、扱いやすいコミュニケーションロボットをめざして

undefined

ーーー介護や福祉の現場で悩まれている介護家族や介護職員の方に対してメッセージをお願いします。

弊社は、「家族の幸せを創り出す」ことを会社の理念とし、高齢者や介護職員の方、ご家族の皆さまが、今よりも少しだけ幸せを感じていただけることを、継続的にご提案しております。

この度、厚労省様の重点分野に、見守り及びコミュニケーションロボットが追加されました。通信やAIを搭載した、高度で高価格なロボットが脚光を浴びています。弊社は、低単価でシンプル、高齢者の方や介護職員の方に扱いやすいコミュニケーションロボットの開発を継続して参ります。

高度で高価格なロボットを導入される前に、「こんにちは赤ちゃん」や「なでなでねこちゃん」を使ってみてください。きっと、幸せを感じていただけると思います。

編集部まとめ

前回の 「なでなでねこちゃん」の取材 では、「おもちゃ屋ならではの身軽さで、今後も人の役に立つものを作りたい」と話した中田氏。今回は「子育て経験のある女性」をターゲットに、やはり親しみやすいぬいぐるみ型のコミュニケーションロボットを発売しました。1万円を切る介護ロボットは、まだまだ多くありません。そんななか、手に入れやすい価格帯での提供を続けるトレンドマスター株式会社に、今後も期待が集まります。

発売予定日
2017年10月28日
売価(各種)
8,000円(税込8,640円)
商品サイズ
W285×H380×D120
電池
単4アルカリ乾電池×2本(別売)
電池寿命
連続6時間



 


介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報
介護ロボットONLINEの執筆者募集

人気の記事


介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン

介護ロボットONLINEの執筆者募集