ページトップへ戻るボタン

いやし型赤ちゃんロボット
スマイビ

販売価格
販売価格 73,440円(消費税込) [本体価格:68,000円 ]
セット内容
本体1体 アダプタ1ヶ 取扱説明書1冊
サイズ 
H440mm×W200mm×D190mm
重量 
約1.2kg

製品概要

いやし型赤ちゃんロボット「スマイビ」は、声や動き、ランプでの感情表現によって利用者に癒やしを与えることで、介護社の見守り負担等を軽減します。

心を開ける存在へ。赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」|株式会社東郷製作所

undefined
創業から130年以上の歴史をもつ老舗ばね会社の株式会社東郷製作所。実は、介護福祉機器の開発・販売も行っています。そのなかでも注目なのが、赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」。中京大学と共同開発したというこの商品、いったいどんなロボットなのでしょうか?スマイビについて話を伺いました。

なぜ、ばねメーカーが介護ロボットを?

弊社は1881年に村の鍛冶屋として創業した会社です。創業当初は鍛造農具の製造・販売を行っておりました。1940年にばねの製造を開始し、現在は主に小物ばねメーカーとして、自動車関連部品を中心に幅広い製品展開を行っています。

それと同時に、変化する社会情勢の課題、とくに少子高齢化社会の到来をみすえ、介護・福祉関連への参入も果たしました。介護保険制度が始まる前の1998年から、体位変換装置「おきらく」の販売も開始しています。

ーーースマイビの開発背景を教えてください。

スマイビは、中京大学との産学連携で商品化されたロボットです。原型となる赤ちゃん型ロボットの開発を中京大学が進めていたところへ、弊社が産学連携という形で2010年から参加しました。

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」とは

ーーースマイビとはどのような商品なのでしょうか?

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」の画像

動くのは首・目・口のみだが、ランプ点灯及び声との相乗効果で表現力はとても豊かだ。

スマイビは、赤ちゃん型コミュニケーションロボットです。赤ちゃんは会話ができなくても、声、表情、しぐさでお母さんとお話し、コミュニケーションをとります。

また、母性を刺激し愛しさ、喜び、いやしを与える存在です。そんな存在を目指して開発しました。皆さんを笑顔にするロボットです。

スマイビの4つの特長

スマイビにはさまざまな特徴があります。

一つ目の特長は、目・口・首の動きや声、ランプで喜怒哀楽を表現する点です。喜怒哀楽は、スマイビの扱い方によっても変化します。スマイビ本体に搭載されている複数のセンサーが姿勢や揺れ等を検知するので、抱っこされたら喜んだり、逆さまにするなど乱暴に扱うと悲しんだりします。

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」の画像

身長は44cm、体重は約1.2kg。本物の赤ちゃんよりは軽いが、その分抱きやすい。

二つ目の特長は、本物の赤ちゃんの声を使用している点です。その音源は500種類に及びます。非言語的な赤ちゃんの音声は、特に耳の聞こえづらい方や認知症の方にも無理なく自由な想像を促す効果があります。

介護者の方はその効果を応用して、利用者の方に向けて「スマイビがこう言ってますよ」などの声掛けで活動を促すことができ、結果的に介護負担の軽減につながる可能もあるのです。

三つ目の特長は、抱きやすい重さ・形状・抱き心地にこだわった点です。赤ちゃんを抱っこするようにスマイビも抱っこしてお使い頂くことを考えています。

四つ目の特徴は、反応がランダムな点です。与えられた刺激に対して常に同じ反応ではない為、一定な動きではなく、様々な表情を演出します。

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」の画像

うれしさはごきげんランプで表現。機嫌が良いと、赤色LEDが点灯して“ホホ”を赤らめます。

介護負担の軽減にも効果あり

ーーー確かに、私も実際にスマイビに触れてみて、とてもいやしを感じました。こうしたいやし効果が介護負担の軽減につながる理由を教えてください。

まず、スマイビを利用した声掛けでの促しによる負担軽減が考えられます。例えば、入浴を拒否されるご利用者には「スマイビがお風呂に入ると良いよと言ってますよ」と話しかけることで、入浴への説得時間を低減できる可能性があります。

次に、ご利用者にいやしや安心感を感じていただくことで、夜間の徘徊や不穏などの低減につながると考えられます。とくにスマイビを抱きかかえるという行為は、安心感を得るのにとても役立つと考えています。

さらに、スマイビのお世話をお願いすることが、介護者の方の時間的余裕にもつながります。

忙しい介護現場で、介護者の方は同時に複数の作業をこなすことが求められていますが、そんなときスマイビのお世話を依頼してご利用者に充実した時間を過ごしてもらうことで、介護者の方も安心して自分の作業を進めることができます。

赤ちゃん型ロボットなので、「ちょっと見ててもらえますか?」というやり取りがとても自然にできるところもポイントのひとつです。

介護者の方にとって、ご利用者の方をお待たせすることは申し訳ない気持ちや焦りにつながり、それが心理的負担にもなるため、“時間稼ぎ”的な使い方がコミュニケーションロボットの新しい活用方法として定着していけばと考えています。

機能を凝縮してコスト削減

ーーースマイビ開発のこだわりを教えてください。

できるだけお客様のお求めやすい価格帯を達成するために、可能な限り部品点数を減らす努力をしました。

実は開発当初は、今よりずっと多機能なロボットだったんです。腕が動いたり音声認識機能がついていたり、ロボットとしては現在のスマイビよりも高性能だったのですが、より多くの方にお求めやすい価格でお届けしたいという思いから、機能を絞り込みました。

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」の画像

スマイビの“耳”となるマイク。言葉の意味を理解する機能は外したが、声や音に反応する首振り機能は残した。

その分、絞り込んだ機能の一つ一つにはとてもこだわっています。例えば口の動きです。滑らかで可愛い動きを実現するために、何度もトライアンドエラーを繰り返しました。理想的なバランスを追求するためにシャフトの調整には試行錯誤しましたね。

赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」の画像

声に合わせて口が動く。想像以上に滑らかでリアルな動きだ。

スマイビがコミュニケーションを活発化、クッション役も果たす

ーーー利用者の反響はいかがですか?

スマイビをご購入いただいたお客様からはがきが届いたことがあります。差出人は80代のご夫婦で、はがきにはスマイビが届いてから家の中がとても明るくなったと書かれていました。とくに奥様が非常に喜ばれ、まで笑い声のなかった家が賑やかになったと御礼の言葉が添えられていました。

そうしたお話を伺うと、我々としてもとても嬉しいですね。

ーーー介護者の負担軽減についての反響はいかがですか?

私は販売担当として、スマイビの活用方法の説明ために介護現場を回っていますが、先ほど申し上げたような介護負担軽減効果を認めてくださる施設が増えてきたという実感がありますね。

特に、スマイビが介護者・要介護者間のコミュニケーションのクッションとなることで、ご利用者の尊厳を維持しながら、お互いが気持ちよく生活できるという点が評価をいただいています。

スマイビを使った問題解決を提案

ーーー課題はありますか?

スマイビに限らず、コミュニケーションロボットは使ってもらわないと効果が実感できないモノです。しかし現状では、コミュニケーションロボットというジャンル自体がまだまだ発展途上で、理解や興味が十分に得られていないと感じています。

我々メーカーとしては、コミュニケーションロボットがいかに役立つか、効果があるかという点を分かりやすく説明し、今ある問題の早急な解決に向けたご提案を行うのが必要だと考えています。

また、コミュニケーションロボットはまだ十分に認知されていないジャンルです。ただ一方で、コミュニケーションロボットが新たに国の補助事業の対象になる(※1)など、少しずつ注目と期待が集まっていることも事実です。

尚、スマイビは2016年度、AMED(日本医療研究開発機構)の「ロボット介護機器開発に関する調査」の実証試験において評価用ロボットとして採択されております。

こうした大きな流れの中で、スマイビを利用して介護現場の問題解決に寄与するために努力を続けてまいります。

※1 経済産業省(2017年10月12日) 「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しました~自立支援に資するロボット介護機器の開発を後押し!~ より

介護者・要介護者双方の良き“話し相手”に

ーーー最後にメッセージをお願いします。

介護現場をヒアリングすると、徘徊や夜間の覚醒、不穏、介助抵抗などにお困りの介護スタッフの方がとても多いことに驚きます。スマイビは、そうした諸問題を解決する可能性を秘めているコミュニケーションロボットです。

操作は非常にシンプルで、基本的にはバッテリーとスイッチの電源をいれ音量操作するだけ。本物の赤ちゃんのように、あえて空気を読まずに泣いてしまったりするのも、コミュニケーションをとる楽しさやリアルタイム感につながると考えています。

一見デメリットにも思える“言葉が通じない”という要素は、素直に心を打ち明けられる相手になれるというメリットでもあります。これまでにない新しい商品だからこそ、なかなか良さが伝わりづらい商品かもしれませんが、最適な活用方法も合わせてご提案いたしますので、ぜひ一度弊社にご相談いただければと思います。最終的には、スマイビが皆さんの良き話し相手となれば幸いです。

編集部まとめ

実際にスマイビのデモ機を送ってもらい、編集部でその機能を確かめてみました。フワフワとしたさわり心地と確かな存在感のある絶妙な重さで、抱っこをすると安心感を抱きます。利用者のいやしはもちろん、介護者の負担軽減にもつながる使い方・提案の仕方を模索しているという言葉からは、誠実さが伺えました。デモ機は無償での貸出を行っているため、気になる人はぜひ こちらから申し込みしてみてはいかがでしょうか。(※デモ機の返送費用のみ自己負担となります。)

商品名
スマイビ
販売価格
販売価格 73,440円(消費税込) [本体価格:68,000円 ]
お試しデモ機貸出し相談応(対象条件等詳細は こちら )
セット内容
本体1体 アダプタ1ヶ 取扱説明書1冊
サイズ H440mm×W200mm×D190mm
重量 
約1.2kg
動作時間
約10時間(満充電時のバッテリー駆動時間) 

介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン