ページトップへ戻るボタン

離れた家族を優しく見守る室内環境見守りサービス
おへやプラス

初期費用(税抜)
iRemocon Wi-Fi機器代金:14,800円
月額料金(税抜)
おへやプラス月額料金:300円
月額料金(税抜)
スマートサーブ月額料金:300円
合計(税抜)600円

サービス概要

おへやプラスは、スマートフォンアプリから、離れた家族の室内環境を確認できるサービスです。大切な家族と離れて暮らす方や、少しの時間留守にする場合など、「おへやプラス」があれば24時間いつでも気になったタイミングで利用できます。専用のアプリから、アラート通知の設定や家の外からエアコン操作ができるので、いざというときに安心できて、心配が少し解消します。

熱中症死亡者の8割が高齢者ーー離れた家族の部屋の安全を見守る「おへやプラス」|ニフティ株式会社

undefined
熱中症の死亡率をみると、65歳以上が8割を超えているのをご存知ですか(※)?毎年夏になると問題になる熱中症による死亡事故。最近では、自宅の中でも熱中症になってしまう事例が増えています。

そんななか、ニフティが離れて暮らす家族の部屋の環境を見守るサービスを提供しています。それが今回ご紹介する「おへやプラス」です。法人向けサービス「おへやプラスPRO」もスタートしたこのサービスについて、ニフティ株式会社 ネットワークサービス部の澤木氏に話を伺いました。

※年齢(5歳階級)別にみた熱中症による死亡数の年次推移(平成7年~27年)

ニフティが見守りサービスを始めた理由

undefined

ネットワークサービス部 サービス企画グループ 澤木氏

ーーーなぜニフティが見守りサービスを始めたのでしょうか?

高齢化社会の到来に向けて、インターネットを使った高齢者向けのサービスができないかと考えたのがきっかけです。インターネットにあまり馴染みのない世代に、違和感なく、役立つサービスを提供できればと考えていました。

その頃、核家族化の進行にともなう現役世代の親とのコミュニケーション不足や、高齢者の熱中症による死亡事故などが問題になり始めていました。

そのような問題を解決するために、離れた場所から部屋の環境を見守ることができるサービスを開始しました。それが「おへやプラス」です。

ーーー見守りというと、カメラを使った監視型の見守りサービスもありますが。

カメラを使った見守りは、プライバシーを尊重したいという方にとっては抵抗があります。もう少しゆるやかな見守りを求めている人に向けて、監視というよりはコミュニケーションのきっかけとなるような見守りサービスを目指しました。

おへやプラスとは?

ーーー「おへやプラス」とはどのようなサービスですか?

「おへやプラス」では、部屋の温度・湿度の見守りと、遠隔のエアコン操作による室温調整が可能です。

ご利用には、見守りしたい場所、たとえば両親の住む実家などに、サービスアダプターとiRemocon Wi-Fiという室内情報を取得するセンサーの2つを設置します。

undefined

サービスアダプター(左)と環境センサーのiRemocon Wi-Fi(右)

あとは、専用アプリでセンサーが検出した情報を確認するだけです。アプリを開くと、部屋の温度と湿度が表示されます。熱中症や季節性インフルエンザの危険性がある場合は、そちらも表示・プッシュ通知されます。

undefined

リアルタイムで温度と湿度が分かる(左)スマホ画面がそのままエアコンのリモコンに(右)

アプリ画面を見て、温度が高すぎる、もしくは低すぎる場合は、エアコン操作画面で温度調整できます。こちらも非常にシンプルな画面なので、誰でもすぐ操作していただけます。

その地域の天気予報も表示しているので、事前に「今日は暑くなりそうだから気をつけてね」といった連絡もしやすくなっています。

法人向けサービス おへやプラスPROとは?

ーーー法人向けサービス「おへやプラスPRO」では何ができるのでしょうか?

「おへやプラスPRO」は、「おへやプラス」のサービスを介護事業者向けに機能アップさせたものです。温度・湿度に加えて照度を検知する機能や、一括で複数宅の環境をモニタリングできる機能を追加しています。

undefined

「おへやプラスPRO」の表示画面。PC上でまとめてモニタリングできる

実は「おへやプラス」開始当時は、介護というキーワードを意識していたわけではなかったんです。ユーザーヒアリングの中に「認知症の家族を見守るのにとても助かっている」というお声があったことで、そういったニーズにもお応えできることに気づきました。

ーーー事業者は「おへやプラスPRO」をどのように活用するのでしょうか?

介護事業者が一括で高齢者宅の室内環境を管理することで、熱中症などの危険を察知し、必要に応じて訪問するなどの対応をとることができるようになります。

undefined

ニフティクラウド経由で安全に監視、操作が可能

また、照度データから生活サイクルを把握することで、いち早く異変に気づくことができます。「おへやプラスPRO」は熊谷市で実証試験を行ったのですが、照度を可視化したグラフから夜通し起きていたことや昼夜逆転していることなどを知り、その後のフォローの仕方が変わったという事例がありました。これらのデータを出力し、介護プラン作成に役立てていただくこともできます。

undefined

上から温度、湿度、照度のグラフ。可視化することで生活リズムを把握しやすくなる

ーーー見守りシステムの導入で問題になるのが、高齢者宅にネット回線がないケースですが。

undefined

「おへやプラスPRO」提供機器一式

「おへやプラスPRO」は、ニフティのMVNOサービス「NifMo」の通信回線もセットで提供しているので、インターネット回線がないお宅でもご利用いただけます。固定回線ではなくモバイル回線なので、工事も不要です。
※「おへやプラス」は、別途インターネット回線の用意が必要。

安価で必要十分な機能に高評価

ーーー反響はいかがですか?

先ほど申し上げたとおり、当サービスはもともと介護目的で提供していたわけではありません。しかし、実際にお使いのユーザー様から「認知症の家族の見守りに非常に良い」というお声をしばしばいただきます。

ーーー数ある見守りシステムから「おへやプラス」を選ぶ理由は何だと思いますか?

さまざまだと思いますが、そのうちのひとつに価格がある考えています。当サービスは月額600円でご利用いただいていますが、実は社内では、「温度と湿度の見守りだけで600円は高いのでは?」という声もありました。しかし実際にお使いいただいているユーザー様からは、「600円で見守りできるのはとてもありがたい」と言っていただけます。

実際、遠方まで電車や新幹線で様子を見に行ったり、見守りできず熱中症になってしまったりすることを考えると、コスト的にも安くすむと納得してご利用いただけているようです。

また、セキュリティの面でも、ニフティのクラウド上に設置されるサーバーとの通信はセキュアな回線で行われるため、安心です。

まずは試しに使ってほしい

undefined

ーーーありがとうございます。最後に介護家族や介護職員の方に対してメッセージをお願いします。

IT機器というと「難しそう」と抵抗を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、「おへやプラス」は設置も操作も非常に簡単です。今後は温度や湿度だけでなく、安否確認機能なども追加していければと考えていますので、興味のある方はぜひ使っていただければと思います。

「おへやプラスPRO」に関しては、どう業務に活かすかをイメージしてもらうためにも、ご購入前にトライアル期間をご用意しています。今後増えていく訪問介護の負担を少しでも軽減し、かつ質の高い介護を実現するために、ぜひお試しください。

編集部まとめ

見守り型の介護ロボットは、呼吸や心拍まで測定できるものや、プライバシーカメラで動きを見ることができるものなど、さまざまな種類が続々発売されています。その中でも今回の「おへやプラス」は、室内の環境を見守ることに特化した、どちらかといえばシンプルな機能を持つ見守りロボットです。しかしそのシンプルさは、「コミュニケーションのきっかけにしたい」「安価で相手の健康状態を気遣えるサービスがあれば」と考えている人にぴったりです。

多種多様の見守り機器から、自分と相手にあったものを見つけるには、「それによって何ができるか」はもちろん、「どのような関係性になりたいか」まで考えると良いのかもしれません。


介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン