ページトップへ戻るボタン

ロボットアシストウォーカー
RT.1・RT.2

名称
ロボットアシストウォーカー RT.1 (アールティーワン)
寸法
W510 × L601 × H819〜1019mm(使用時)ハンドル高さH750〜950mmで調整可能
電源
リチウムイオンバッテリー(専用充電器付属)
連続動作時間
連続歩行4時間以上
希望小売価格
単体228,000円(税別)通信付き(3年)248,000円(税別)
名称
ロボットアシストウォーカー RT.2(アールティーツー)
寸法
W546 × L740 × H730~860mm(使用時)ハンドル高さH725、750、775、800、825、850mmの6段階で調整可能
電源
リチウムイオンバッテリー(専用充電器付属)
連続動作時間
連続動作4時間(※上り/平坦/下りの標準歩行パターンにて歩行時)
希望小売価格
118,000円(税別)

製品概要

センシング技術で道の傾斜を検知し、それにあわせて速度を調整、片流れ防止を自動で行うロボットアシストウォーカーです。RT.1では、GPSとインターネットを利用した様々なサービスも利用することができます。

高性能でカッコイイ!新しい歩行器ロボットアシストウォーカーRT.1・RT.2|RT.ワークス株式会社

undefined
第二の人生を豊かにし、シニアが積極的に社会とつながる”アンコールスマート”をコンセプトにするRT.ワークス株式会社。2015年7月に、ロボティクス技術を活用した全く新しい歩行車の正式販売を開始しています。代表の藤井仁氏に、ロボットアシストウォーカーの魅力とこれまでの歩行車との違いを伺いました。

ロボット技術で歩行器を。ロボットアシストウォーカーで何ができる?

ーーー御社の事業紹介をお願いします。

弊社は、ロボティクス技術を中心に、ヘルスケア分野での商品開発・提供を行っている会社です。もともとは船井電機株式会社で新規立ち上げ中だったアシストカート・ヘルスケア事業を分離独立し、2014年7月にRT.ワークスとして創設しました。

現在は、ロボット技術を活用した電動の歩行車を2機種商品化し、製造販売を行っています。

ーーーロボットアシストウォーカーRT.1とRT.2はどんな製品なのでしょうか?

ロボットアシストウォーカーは、従来の歩行車にモーターをつけ、ハンドルに手を添えて歩くだけで最適なアシストをしてくれる新しい歩行車です。上り坂のときはパワーアシストが働き楽に上れますし、逆に下り坂の場合は自動的に抑速しゆっくり歩けるようになります。

イメージしやすいのは電動アシスト自転車ですね。電動アシスト自転車は、ペダルを漕ぎはじめるとモーターが人力を補助してくれます。それと同じように、RTシリーズは押して歩くだけでモーターが前に進む力を足してくれるような使用感があります。

RTシリーズには約10個のセンサーが付いています。ハンドル部分のセンサーでは、人がハンドルを握っているか否か、どれくらいの力が加わっているかなどを検知します。本体にある6軸モーションセンサーでは、人の動きだけでなく路面状況なども検知します。また、タイヤの回転センサなども搭載しています。ここで検知した情報から、アシストやブレーキ制御を行っています。

ーーー自動的に抑速してくれるということは、自分でブレーキをかける必要がないのでしょうか?

自分でブレーキをかける必要はありません。下り坂を検知すると自動的にブレーキがかかり、速度を落としてくれます。また手を離したときも、自動的に歩行車そのものが停止します。

従来の歩行車でも、タイヤの回転を重くするなど物理的に負荷をかけることで抑速できるものがありますが、その場合は平地や上り坂でも重くて大変というデメリットがありました。その点RTシリーズは電動のため、上り坂や荷物を積んでいるときは楽に、下りのときは安心してお使い頂くことができます。

RT.2は介護保険の適用ができる

ーーーRT.1とRT.2は何が違うのでしょうか?

RT.1は通信機能つき。スタイリッシュなデザインが特徴だ



最大の違いは、通信機能の有無です。RT.1には通信機能がついており、RT.2にはついていません。もっとも、RT.2もオプションで付けることが可能です。

RT.1では、通信機能を通してさまざまなサービスをご利用いただけます。たとえばヘルスケア機能です。歩行距離や時間、消費カロリーなどをご確認頂くことで、ご利用者様のモチベーションを向上させることはもちろん、健康管理にも役立ちます。もう一つは、GPSを活用した見守り機能です。位置情報で今どこにいるのかがリアルタイムで確認できますし、万が一転倒した場合も場所がメールで通知されるため、駆けつけが可能です。

ーーーRT.2に通信機能がついていないのはなぜですか?

通信機能をつけず、従来の歩行車に近い形状のRT.2



実は、通信機能がついていると介護保険が適用されないんです。RT.1を発売したとき、介護保険の対象か否かという質問を非常に多くいただきました。そのニーズの高さを踏まえて、介護保険が適用可能なRT.2を新たに発売したという経緯があります。

「介護の一歩手前」を見据えて|RTシリーズのこだわりと反響

ーーー利用者の声・外部の評価・反響にはどんなものがありますか?

ご利用者様の声を通して改善した点としては、例えば、RT.1のかごの上に休憩椅子を追加したところです。発売前の実証実験で、なぜ休憩椅子がないのかというお問い合わせを頂いたんです。我々はオプションとしてつけるつもりではいたのですが、よくよく聞いてみると、休憩椅子の存在は外出機会や歩行距離を伸ばすのに非常に大きな役割を果たしていることが分かりました。

通常、歩行車をお使いの方は、自分で歩ける距離や時間を把握した上でその範囲内で行動されます。しかし休憩椅子で休憩しながらだと、自分で想定している以上の歩行が可能なんですね。つまり休憩椅子は、自立支援という意味合いにおいても非常に重要なのだということが分かりました。

だからこそ、「RTシリーズを使うことで歩けるようになった」という喜びの声を頂くと非常に嬉しいですね。外出機会が増えたことで知り合いと久しぶりに会って話ができたとか、買い物に出かけて商品を自分の目で見る楽しさをあらためて知ったなどの声も頂きます。普段の生活に良い意味で変化が生じたり、コミニュケーションが取れることで生きがいを感じていただき、「気持ちも行動も積極的になった」という利用者のコメントには大変感動しました。

他には、「見た目がかっこいい」という声もよく頂きます。これは狙い通りというか、我々もこだわった部分なんです。

ーーー従来の歩行車にはないスタイリッシュなデザインですね

そうですね。RT.1は経産省の「ロボット介護機器・導入促進事業」の優秀機器に認定されていますが、我々としては「介護の一歩手前」でもお使いいただきたいと考えているんです。まだまだ元気だけれど、より満足度の高い社会生活のためには外出機会が増えると良いな、という方ですね。そのような方にとって、従来の歩行車イメージは少し抵抗感を覚えることがあります。そういった心のバリアをなくすためにも、従来の歩行車とは全く違ったデザインを目指しました。

ーーー反響などを得て新たに見えてきた課題や、今後の展開について教えてください

現状、RTシリーズの通信機能の良さを正しくお伝えできていないことに課題を感じています。これからは、IoT、AIなどをもっと活かせると考えていますが、同時にロボット技術が特別視されず、生活にすっと馴染むための工夫が必要だとも思います。そのために、今後はロボット技術を意識させない商品やサービスを提供していければと考えています。

編集部まとめ

これまでの歩行車の常識をくつがえすスタイリッシュなRT.1、そしてRT.1の約半額の定価を実現したRT.2。どちらも身体機能や使用環境に合わせて細かく調整が可能で、状況に合わせて声でアシストもしてくれます。それぞれコンセプトは異なりますが、快適で安心な歩行を実現することで外出機会を増やし、自立を促したいという思いは変わりません。「歩行車なんてまだ早い」と思っている人こそ、RTシリーズを取り入れることで生活が変わるかもしれません。


介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン