ページトップへ戻るボタン

猫型コミュニケーションロボット
なでなでねこちゃんDX2

商品名
なでなでねこちゃんDX2
売価(各種)
5,980円(税込6,458円)
発売予定日
2016年9月25日
電池
単4アルカリ乾電池×2本(別売)
商品サイズ
W430×H140×D110

製品概要

ぬいぐるみの内部に、スマートフォンのパネルに活用されている静電センサーを配置し、撫でると触るの違いを感知します。猫が好きだけど飼えない事情を抱えた高齢者に対して、癒やしや安らぎを与えます。

1/3が改善も!撫でるとニャ~ン「なでなでねこちゃん」|トレンドマスター株式会社

undefined
おもちゃメーカーが作った子供向けのおもちゃが、福祉介護業界からも注目を集めています。それが、トレンドマスター株式会社の「なでなでねこちゃん」シリーズです。

政府主導で設立された日本医療研究開発機構(以下AMED)にて、「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の一環として行われたコミュニケーションロボットの実証実験対象機器に採択され、確かな効果が認められています。川崎市からも「次世代福祉製品」として認証も受けている実力派おもちゃの魅力に迫りました。猫好き必見です!

株式会社トレンドマスターってどんな会社?

undefined

今回お話を聞いたトレンドマスター株式会社代表取締役社長の中田氏


ーーー御社はおもちゃの開発・製造・販売をされている会社ですね。

そうです。私自身おもちゃ業界出身で、約25年間、株式会社タカラ(現タカラトミー)にて営業・開発・企画・マーケティングなど、さまざまな業務に携わってきました。子どもの喜びに直接関わることができる素晴らしい仕事でしたが、一方で一過性のブームを作り出し、ブームが去ったらすぐ過去のものとしてしまうことに疑問を感じてもいました。そこで、震災をきっかけに「本当に自分がしたいことをしよう」と決意し、より長く愛される、子どもに限らず家族全員が幸せになれるおもちゃを開発する会社を作るため、独立を決意しました。

「なでなでねこちゃん」はもともと子供向けだった?


ーーー「なでなでねこちゃん」シリーズももともとは子供向け商品として販売されたとのことですが、なぜ今、福祉介護の分野から注目を集めるようになったのでしょうか?
undefined

初代「なでなでねこちゃん」はよりぬいぐるみ感を意識した作りだった


「なでなでねこちゃん」シリーズは当初おもちゃ売り場で販売していたのですが、様子を見ていると、ご購入されるうちの1割くらいの方が、子どもではなく年配の方であることに気づいたんです。その後、アンケートはがきの反響を見てみても、やはり年配の方からの「癒された」というお声が多いことに気づきました。中には「亡くなった飼い猫に目がそっくりで、その子が生き返ったような気がします」という声もありました。

そこで、アンケートをくださった方に直接お電話して、ヒアリングをしてみたんです。その結果、もっとリアルな猫型で作ってほしいとか、顎をなでたらゴロゴロ鳴くようにしてほしいなどのご要望をいただきました。

さらに同時期に、老人ホームへお邪魔する機会がありました。複数の方がぬいぐるみを抱えて可愛がっている姿を見て、「ご要望に沿って改良を重ねることで、猫好きの高齢者にもなでなでねこちゃんシリーズを可愛がっていただけるのではないか」と考えたんです。
undefined

「なでなでねこちゃんDX2」は、三毛猫・アメリカンショートヘア・茶トラの3種類を展開


ーーー購入者の生の声を活かして改良されているんですね。

はい。改良したものが「なでなでねこちゃんDX(デラックス)」です。「なでなでねこちゃんDX」が完成した後、近所の介護施設や運営会社などを回り、使っていただけないか相談に回ったんです。その結果ある大手施設運営企業が興味を持ってくれて、実際にご利用いただけることになりました。

また、あるギフトショーで「なでなでねこちゃんDX」を出展したところ、福祉機器・介護用品の卸売をしている企業が興味を持ってくれたのをきっかけに、全国の介護ショップへの販売がスタートしました。

「なでなでねこちゃん」ってどんな商品?開発秘話に迫る


ーーー「なでなでねこちゃんDX」を含めた「なでなでねこちゃん」とはどのような商品なのでしょうか?

現在販売している「なでなでねこちゃん」シリーズには、「なでなでねこちゃんDX2」と、愛のネコちゃん工房事業部によるオーダーメイド版「なでなでねこちゃん」があります。

本体を撫でると、搭載されている4つのセンサーが動きを感知し、撫でられた場所にあった鳴き声をあげます。例えば、背中を撫でると「にゃー」、顎を撫でると「ゴロゴロ」と喉を鳴らす、といった具合です。
undefined

頭・背中・顎・尻尾の4箇所にセンサーが搭載されている


ーーー思ったよりも軽く、触り心地が良いです。

ふわふわ感を大切にしたかったので、メカユニットはできるだけ小さくしました。ロボットというと丁寧に扱わないとという感じがしますが、「なでなでねこちゃん」はぬいぐるみの中にメカユニットをいれているイメージなので、多少高いところから落としても大丈夫です。

ーーー尻尾を触ると怒りますね。

はい。加えて何度もしつこく触ると、本格的に怒るようにしています(笑)。

ーーー抱っこすると目が合う感じがしますね。

そうなんです。ですから、抱っこしながらなでることで会話が生まれるという方もいます。

ーーーありがとうございます。そもそも、「なでなでねこちゃん」シリーズを作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

スマートフォンのタッチパネルに利用されている静電気を感知するセンサーを、おもちゃに応用できないか、と考えたのが始まりです。

起業したばかりの頃、企画を持ち込んでいたのですがどこも採用してくれず、落ち込んでいると猫が慰めてくれたんです。しょんぼりしていると猫が膝に乗り、背中をなでると振り返って「にゃーん」と鳴いてくれた。そのとき、スクロールする手の動きと猫を撫でる手の動きが似ていることに気づき、「撫でたら猫が鳴くおもちゃを作ってはどうか?」と思いついたんです。

undefined

飼い猫を撫でているときに着想したという中田氏。飼い猫は初代「なでなでねこちゃん」のモデルにもなっている


ーーー猫ちゃんに感謝ですね!ちなみに、「なでなでねこちゃん」の声は本物ですか?

そうです。通常、このような商品には声優さんの声を使うのですが、自然な感じがほしかったので、あえて本物の猫の鳴き声を入れています。

AMEDが認めた確かな効果|利用者の1/3が生活の質 改善も


ーーーAMEDが実施している介護現場での「コミュニケーションロボット」の活用可能性に関する実証調査対象として、「なでなでねこちゃん」シリーズが採択されました。すでに調査結果が報告されているとのことですが、具体的にどのような報告がなされたか教えてください。

AMEDからは、ご利用いただいた方の約1/3に、生活の質の改善が見られたという報告を受けました。もともと猫を飼っていた経験のある方や猫が好きな方に、特に効果があるのではないかと考えています。

またNHKでの取材では、「猫ちゃんが鳴いているから、お薬を飲もう」といった「なでなでねこちゃん」を利用した行動に対するうながし効果が取り上げられ、シンプルな機能のロボットでも十分役に立つと放送されました。

「かわさき基準」も取得|期待される次世代福祉製品としての役割


ーーーありがとうございます。「なでなでねこちゃん」シリーズは平成26年に川崎市の認証福祉製品としても採用されていますね。

川崎市には次世代産業推進室があり、そこで次世代の福祉製品を創出する活動をしています。市内で実証実験し、効果が出たら独自の認証基準である「かわさき基準」に認証され、活用活路の見出しや情報発信などをしてもらえるという取り組みです。

「なでなでねこちゃん」も、AMEDの実証実験に先駆けて川崎市で実証実験を行ってもらい、認知症の方への癒やしやコミュニケーション促進効果が確認されています。

今後は、高齢者の方だけでなく、発達障害などを抱えている障害者の方に向けた効果検証も行っていく予定です。

課題とメッセージ


ーーー課題はありますか?

介護従事者の方に向けた利用マニュアルを作成しようと考えています。先ほど申し上げたような「行動へのうながし」として活用いただくにはどうすれば良いかなどをまとめ、有効活用に役立てていただきたいです。


ーーー最後にメッセージをお願いします。


コミュニケーションロボットはまだまだ定量的な効果が出しづらく、スムーズに受け入れられない側面があります。「歩けないから車いす」は自然な流れですが、「寂しいからコミュニケーションロボット」とはまだなっていません。「ロボットが人の相手なんて」というネガティブなイメージも根強くあります。しかし、身体と同じように心もケアしていくためのひとつの手段として、「コミュニケーションロボット」は今後不可欠になっていくのではないかと感じています。

そのために当社のメリットであるおもちゃ屋ならではの身軽さで、今後も人の役に立つものを作り、必要としている人にタイムリーでピンポイントな商品を提供できるよう開発に取り組んでいきたいです。

編集部まとめ

「ペットを飼いたくても飼えない、そう思っている高齢者の方は意外と多い」と述べる中田氏。「なでなでねこちゃん」は「撫でたら鳴く」という非常にシンプルな機能ながら、 癒やしや行動の質の改善が認められるなど、ペットを飼っていた方や猫好きの方を中心に確かな効果が期待できます。6000円弱という価格設定も、「家族全員が幸せになれる商品を作りたい」という思いの表れでしょう。敬老の日や米寿のプレゼントにも喜ばれそうですね。




愛のネコちゃん工房事業部 愛のネコちゃん なでなでねこちゃん


商品・サービス名 愛のネコちゃん工房事業部 愛のネコちゃん
価格 49,000円 (税込み・送料込み)
納期 注文から1ヶ月

介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン