知らないと損をするかも!ネットでできる介護の情報収集方法

福村浩治福村浩治

作成日2018/06/25 更新日2018/06/251,019views


みなさん、こんにちは。介護システムエンジニアの福村浩治です。
介護エンジニアという職業柄、なんとかITの力を使って介護を便利にできないかと、これまでさまざまな方法を模索してきました。

私は、ふだんからインターネットを使って介護の情報を調べることが多いです。ネット上には有益な情報がたくさんありますが、介護に向き合いはじめたばかりの「何がわからないかわからない」状態の人にとって、あふれる情報から必要な情報を見つけ出すのは至難のワザでしょう。

介護の情報収集が十分にできていないと、「本来なら介護保険を使って自己負担1割でできたのに、それを知らなかったがために、全額自己負担してしまった」なんてこともありえます。

実は、これに似たことを、私自身も経験したことがあるのです。

介護保険の創設以前である約30年前、私の父が全額自己負担で自宅の階段に手すりをつけました。当時は、私も父も介護や障害福祉の知識がなかったのですが、申請しておけば、全額自己負担しなくてすんだかもしれません。

もっとも、介護保険制度がある現在は、リフォーム会社から介護保険の利用を提案されるはずので、我が家のようなことは起こりにくいとは思います。しかし、自分や自分の家族がよりより介護をうけるためには、介護サービスの基礎知識や最新情報を知っておくに越したことはありません。

そこで今回は、今までと趣向を変えて、介護初心者の方に向けて、ネットを中心とした効率の良い介護情報収集方法を教えます。

基礎中の基礎!市役所の介護保険課

「そろそろ介護が必要かも…」

そう思ったら、まずは市役所の介護保険課 へ行きましょう。 介護保険課は、お住まいの市区町村により、名称が若干違う場合もあります(例:長寿介護課・介護福祉課など)。

介護保険課とは、介護保険サービスを利用するための要介護認定の手続きや、介護に関する相談、介護保険の給付、介護に関する助成事業を行っているところです。「まずは対面で話を聞きたい」という人は、相談窓口で色々と教えてもらいましょう!

「窓口に行く時間がない」という方は、市区町村のホームページから情報を閲覧することもできます。ホームページは、「お住まいの市区町村名 介護保険課」で検索すると見つかります。

undefined

和歌山市の福祉保健課のページ( 和歌山市HP

ただし、各市区町村により情報量や内容の差がかなりあるので注意が必要です。 何件か確認してみましたが、 初心者向けに介護保険の説明が書かれている市区町村もあれば、サービス事業所向けの情報がほとんどのような市区町村もありました。後者の場合は、窓口に行くしかないでしょう。

私は仕事柄、各市区町村のホームページを確認したり問い合わせをすることがよくあります。しかし、市区町村によりホームページの構成が違うため、どこにどの情報があるかがわかりづらかったり、ある市区町村では掲載されている情報が、べつの市区町村では掲載されていないということが多々あります。

個人的には、掲載する情報や掲載方法を統一してもう少しわかりやすくしてほしいと思いますが、必要な情報が見当たらないときは、電話などで問い合わせしてみるのもありでしょう。

相談は地域包括支援センターでも可能

相談は、地域包括支援センターでも可能です。介護保険課のページ内にリンクがある場合もあります。なければ、「お住まいの市区町村名 地域包括支援センター」で検索してみてください。

undefined

大阪市の地域包括支援センターのページ(大阪市HP

近所にどんなサービスがあるかを調べよう!

「いざ、介護サービスを使おう!」と思っても、どんなサービスがあるのか、どこで受けられるのか、わからない人も多いのではないでしょうか。
そんなときにおすすめなのが「介護サービス情報公表システム」です。

介護サービス事業所の調べ方

介護サービス情報公表システム とは、全国の介護サービス事業所・施設の情報が掲載されているホームページです。
undefined

介護サービス情報公表システムのホームページ(厚生労働省HP

今回は、

  1. 自宅まで訪問して介護してほしい
  2. 自宅近く(大阪市内)の事務所がよい
と考えている人と仮定して、サービス事業所を調べてみます。

まず、都道府県で大阪をクリックします。その後、調べたいものを選択します。今回は、「自宅まで介護しにきてほしい」というニーズがあるため、介護サービスを提供している介護事業所を検索します。「介護事業所を検索する」をクリックしましょう。
undefined

絞り込むための条件が表示されました。今回は、「自宅近くの事業所が知りたい」というニーズがあるため、「地図から探す」をクリックします。
undefined
次に該当の市区町村を選択し、「サービスを選択」をクリックします。
undefined
そうすると、自宅でサービスをうける訪問系サービス、施設でサービスをうける施設系サービスなど、さまざまなサービスが表示されます。該当のサービスにチェックをいれ、検索をクリックします。今回は、「自宅で介護してほしい」、つまり訪問系サービスを探しているので、「訪問介護」にチェックを入れます。

undefined

すると、検索結果の事業所が無事表示されました。

undefined

以上のように、「介護サービス情報公表システム」を使えば、求めているサービスを提供してくれる事業所や、自宅近くの事業所が簡単に調べられます。

サービス内容も調べられる

undefined

そもそもどのようなサービスが必要かは、状況によりさまざまですので、市区町村の窓口や、地域包括センター、居宅介護支援事業所などで決めていくことになります。

2018年6月現在、介護サービスは53種類あります。これは制度の改正のたびに増えていっており、今後も増えていくことが予想されます。

私自身、介護について調べた際、あまりにたくさんのサービスがあるため、混乱したのを覚えています。 介護サービス情報公表システムには、各サービスの説明や概要も掲載されているので、ご一読されることをお勧めします。

福祉用具について知ろう!

介護サービスのひとつに、「福祉用具貸与」があります。これは、車いすやリフトなどの福祉用具を利用することで日常生活上の便宜を図り、家族の介護の負担軽減などを目的としたサービスです。腰掛便座など の貸与になじまないものは、「特定福祉用具」として購入することもできます。

どちらも、自己負担の1割~2割(今年8月からは3割も)で利用できるサービスです。

福祉用具の検索方法

undefined

テクノエイド協会のホームページから福祉用具が検索できる( テクノエイド協会HP

ここでは、福祉用具の検索方法をご紹介します。どのような福祉用具があるかは、公益財団法人テクノエイド協会のホームページで確認することが可能です。

今回は、車いすを調べてみましょう。TOPページから、「福祉用具情報システム」をクリックします。

undefined

「福祉用具の検索」→ 「介護保険 福祉用具を探す」をクリックします。

undefined

その後、「サービス種類」と「サービス項目」を選択し、「検索」をクリックすると、検索結果が表示されます。
undefined

以上のように、「福祉用具情報システム」を使えば、どのような製品があるかを調べることができます。

「車いすがほしいけど、どんなものがあるのかわからない」
「今使っているものより、もっと自分に合うものはないだろうか?」

そんなときは、ぜひ一度ここで検索してみましょう。

介護で忙しい日々を送る人へ

今回は、介護サービスやサービス事業所の調べ方、福祉用具の検索方法をご紹介しました。相談窓口やレンタル・販売店に行かなくても、ある程度の情報であればインターネットを使って調べることが可能です。

介護保険は、制度を持続するために年々複雑化しています。そのため、日々の介護で疲弊されている方の中には、最新情報をキャッチするのが難しかったり、いざというときに「そんなこと知らない!」と感じたりすることも多いと思います。

日々の生活や介護に追われつつ、限られた時間のなかで情報を収集するなら、インターネットがとてもおすすめです。ホームページをチェックする程度なら、少し手が空いた時にもできるのではないでしょうか。

次回も引き続き、介護の情報収集方法についてご説明したいと思います。

介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットの基礎知識

  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン

介護ロボットONLINEの執筆者募集

介護ロボットONLINEのLINE