ページトップへ戻るボタン

【受付中】業務改善助成金

2e0bf71c5598fb6eb8f1e93bbbc9edf158970f78
介護ロボットとは介護ロボットONLINE編集部

作成日2018/04/24 更新日2018/05/10327views

業務改善助成金とは?


業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業所で最も低い賃金を引き上げるための制度です。具体的には、生産性向上のための設備投資などを行い、最低賃金を一定額以上引き上げた場合、設備投資などの費用の一部を助成します。

概要

支給対象者

対象 事業場内最低賃金が 1,000 円未満の中小企業・小規模事業者。

助成額


助成額は、事業所内の最低賃金の金額によって変わります。

最低賃金が1,000円未満の事業所の場合

助成上限額
引き上げる労働者数
事業場内最低賃金の引上げ額
助成率
50万円
1~3人
30円以上
・7/10(常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は3/4)
・生産性要件を満たした場合は3/4 (時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は4/5)
70万円
4~6人
100万円
7人以上

事業場内最低賃金が800円以上1,000円未満の事業場

助成上限額
引き上げる労働者数
事業場内最低賃金の引上げ額
助成率
70万円

1人以上
40円以上
・7/10(常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は3/4)
・生産性要件を満たした場合は3/4 (時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は4/5) 

助成対象機器・サービス

生産性向上のための設備・機器
設備・機器の導入に加え、教育訓練や経営コンサルティングなどのサービスの利用。

(例)
・ POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・ リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・ 顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
・ 専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上
・ 人材育成・教育訓練による業務の効率化

支給の要件

次を満たすこと 1. 賃金引上計画を策定すること
2.引上げ後の賃金額を支払うこと
3.生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと

*ただし、
(1) 単なる経費削減のための経費
(2) 職場環境を改善するための経費
(3)通常の事業活動にともなう経費は除く。

4.解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと    など

申請窓口

申請受付
各都道府県の労働局
都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧


<参考資料>
厚生労働省HP(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.h...




介護ロボットの基礎知識
  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットの基礎知識
  • 介護ロボットとは
  • 介護ロボット支援事業情報
  • 介護ロボットメーカー一覧
  • 自治体情報

介護ロボットONLINEのLINE

介護ロボットONLINEの無料メールマガジン